読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

SA H22秋 午後Ⅱ 問2

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

システム間連携方式について

 生産システム,物流システム,販売システムなどの企業内システムは,部門ごとに独立したシステムとなっている場合がある。このため,販売システムで発生する顧客データを物流システムに渡して最新の顧客情報で出荷伝票を出力する。販売システムで発生する販売データを生産システムの在庫情報に反映して迅速に生産計画を決定するなど,企業内の情報共有をシステム間連携によって実現することがある。システム間連携方式には,ファイル転送,データベース共有,リアルタイム連携などがある。
 システムアーキテクトは,システム間連携方式を選択する際に,例えば,次のような業務要件に留意しなければならない。

  • 当日登録した顧客情報に基づいて,当日配送を可能とする必要がある。
  • 生産数の確定前に,拠点ごとの在庫数を確定する必要がある。

 これらの業務要件を踏まえ,データの収集と反映のタイミング,処理すべきデータ量などのシステム要件を明確にする。その要件に基づき,データ伝送時間,システム間の整合性の維持などを考慮して,適切なシステム間連携方式を選択する。
 さらに,運用時間帯,運用体制などの運用要件を明らかにし,稼働状況のモニタリング,異常の検知,障害発生時の対応などの実現方法を検討することも重要である。
 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが携わったシステム間連携方式の検討において,対象システムの概要と連携が必要になった背景について,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べたシステムを連携させる際に,あなたは,どのような業務要件を踏まえ,どのようなシステム要件を明確にしたか。また,その要件に基づいてどのようなシステム間連携方式を選択したか,選択した理由とともに,800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べたシステム間連携方式について,運用要件と実現方法を,重要と考えた点を中心に,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 業務システムは,部門ごとに独立したシステムとなっている場合がある。このため,企業内の情報共有を目的として,システム間連携が行われている。システムアーキテクトは,対象とする情報システムの開発に必要となる要件を分析,整理し,その要件を実現する最適なシステム方式を設計する。
 本問は,どのような業務要件を踏まえ,どのようなシステム要件を明確にし,その要件に基づいてどのようなシステム間連携方式を選択したかについて,具体的に論述することを求めている。論述を通じて,システムアーキテクトに必要な,システム間連携方式の設計能力,運用の実践能力などを評価する。

採点講評

 問2(システム間連携方式について)では,企業統合などの大規模なものから,小規模システム間でのデータ連携など多岐にわたる論述があり,様々な局面でシステム間連携方式の設計がなされていることがうかがわれた。設問では,単一のシステムだけでなく複数のシステムを意識した業務要件,システム要件,連携方式という多角的な論述を求めた。これは,システムアーキテクトが全体最適の観点からシステム構造を設計しなければならないからである。しかし,業務要件を論述せずにシステム要件や連携方式の説明に終始している論述や,業務要件とシステム要件を混同している論述が多く見られた。