読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

SA H22秋 午後Ⅱ 問3

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

組込みシステム開発におけるハードウェアとソフトウェアとの機能分担について

 組込みシステム開発において,システムアーキテクトは,製品開発などの企画書に基づいて,システムの要件を分析し,機能仕様を決定する。また,決定した機能仕様の具体的な実現手段を検討し,最適なアーキテクチャを決定する。その際,機能を実現するためにハードウェアとソフトウェアとの機能分担を適切に設定し,それぞれへの要求仕様を決定することが求められる。
 例えば,暗号化処理,画像処理などのアルゴリズムにおいては,すべてをソフトウェアで実現する方法,又はハードウェアの支援を得て実現する方法がある。後者の場合では,ハードウェアとソフトウェアとの機能分担については,様々な実装方法が考えられる。
 ハードウェアとソフトウェアとの機能分担を適切に設定するためには,次のような項目についてハードウェアとソフトウェアとのトレードオフを検討することが重要である。

  • 開発スケジュール
  • 開発コスト,製造コスト,保守コスト
  • 性能,信頼性,保守性
  • 自社保有技衡,知的財産
  • 再利用性,拡張性

 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが携わった組込みシステム開発で,機能の実現のためにハードウェアとソフトウェアとのトレードオフを検討し,機能分担させた製品について,その性能,特徴などの製品概要,及び分担させた機能を,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた製品の開発において,ハードウェアとソフトウェアとの機能分担を適切に設定するために,ハードウェアとソフトウェアとのトレードオフについて検討した項目及びそれぞれの内容を,800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた検討結果を基に,それぞれへの要求仕様で示した,ハードウェアとソフトウェアとの機能分担の内容,及びその機能分担に対する現在の評価を,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 組込みシステム開発において,システムアーキテクトは,製品企画等の要求仕様に基づき,システムの要件を分析し機能仕様を決定する。その際,ある機能を実現するためにハードウェアとソフトウェアとの適切な機能分担を設定し,それぞれへの要求仕様を取りまとめることが求められている。
 本問は,ハードウェアとソフトウェアとの機能分担を題材として,開発工程設計,コスト設計,性能設計,再利用性など,機能分担を適切に設定するために必要な検討項目とその検討結果から得た機能分担の結論,及びそれに対する現在の評価について,具体的に論述することを求めている。論述を通じて,システムアーキテクトに必要な,システムの分析,設計の実践能力を評価する。

採点講評

 問3(組込みシステム開発におけるハードウェアとソフトウェアとの機能分担について)では,組込みシステム開発の具体的経験を対象としている。今回のテーマである機能分担は,組込みシステム開発のシステムアキテクトに求められる重要な能力の一つである。新規開発を除き経験する機会が比較的少ないテーマにもかかわらず,具体的な経験をうかがわせる論述が多かった。検討項目とその内容に関する記述については,検討内容に具体性が乏しく一般論に終始した論述が一部に見られた。また,実現可能性だけについて論述するものが散見された。現在の評価に関する記述については,多面的,客観的,具体的な論述を期待したが,そのような論述は少なかった。