技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

SA H23秋 午後Ⅱ 問3

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

組込みシステムの開発におけるプラットフォームの導入について

 近年,組込みシステムの高機能化,多機能化とともにその開発規模が大きくなり,リアルタイムOSなどのプラットフォームが導入されるようになった。この状況に対応するために,組込みシステムのアーキテクトには,プラットフォームの性能,機能,特徴などに関する十分な見識,及び開発対象の組込みシステムに最適なプラットフォームを選択する能力が求められている。
 プラットフォームの選択では,まず,機能の実現,品質の確保,開発期間の短縮,開発コストの削減など,プラットフォームの導入目的を明確にする。次に,導入目的に適合した複数のプラットフォームを候補とし,それらを比較して最適なものを選択する。この際,上記に示した導入目的以外に,開発環境,採用実績,ライセンス,開発要員のスキル,再利用性などについても評価することが重要である。
 プラットフォームを導入した組込みシステムの開発が終了したときには,導入目的の達成度,導入による副次的な利点及び導入したことによって発生した問題点について評価し,将来の開発に備えることが重要である。
 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが開発に携わったプラットフォームを導入した組込みシステムについて,その機能の概要及びプラットフォームの導入目的を,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べたプラットフォームの導入に当たって,比較した複数のプラットフォームについて,最適なものを選択するための重要な要素となった比較項目と比較結果を,導入目的を踏まえて,800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた比較結果に基づいて選択したプラットフォームの導入目的の達成度,導入による副次的な利点及び導入したことによって発生した問題点について,あなたの評価も含めて600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 組込みシステム開発において,システムアーキテクトは,製品企画などの要求仕様に基づき,システムの要件を分析し機能仕様を決定する。さらに,リアルタイムOSや各種ミドルウェアなどのプラットフォームの導入に際しては,最適なプラットフォームを選択する能力が求められる。
 本問は,プラットフォームを導入してシステム開発を実施することを題材として,導入の目的を明確にし,複数のプラットフォームについて,開発工程設計,コスト設計,性能設計,再利用性などに対する影響を評価するための比較項目の設定と比較結果及び導入後の評価について,具体的に論述することを求めている。論述を通じて,組込みシステムのシステムアーキテクトとしての実施能力を評価する。

採点講評

 問3(組込みシステムの開発におけるプラットフォームの導入について)では,具体的で経験をうかがわせる論述が多かった。また,論述の対象となったプラットフォームは多種多様であったが,その多くは,システムアーキテクトとしての視点から,適切に論述されていた。比較項目については具体的だが,比較結果については分析が浅く論述が不十分なもの,プラットフォームに対する知識不足と思われるものが見受けられた。また,導入目的とその達成度との関係に一貫性がないものが散見された。