技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

SA H25秋 午後Ⅱ 問1

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

要求を実現する上での問題を解消するための業務部門への提案について

 情報システムの開発における要件定義では,業務を担当する部門(以下,業務部門という)からの要求を,どのように情報システムを活用して実現するかを検討する。
 しかしその過程で,次のような,要求を実現する上での問題が発生する場合がある。

  • 処理時間が長くなり,求められる時間内に終了しないことが明白である。
  • データを必要なタイミングで取得できない。
  • コストに見合った効果が得られない。

 システムアーキテクトは,このような問題を解消又は軽減するために,コストや納期と,業務上の効果とを総合的に検討した上で,業務部門に,例えば次のような提案をする。

  • 処理時間が長くなる場合,業務に影響の少ない範囲で月次処理の一部を事前に行うなど,業務処理の単位を見直して,情報システムで対応する。
  • 経費関連の数値が月次でしか取得できない場合,日次決算では実績から算出したみなしの数値を利用するという業務ルールを提示し,情報システムもこれに対応する。
  • コストに見合った効果が得られない場合,一部の業務機能をシステム化の対象から除外し,情報システムによらない対応策を提示する。

 また,提案の際,業務部門が提案の採否を判断しやすいように,コストや納期に加えて,業務の特性及びシステム化の目的を踏まえた評価項目などを提示し,業務上の効果について,提案を採用する場合としない場合とを対比することも重要である。
 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが携わった情報システムの要件定義について,その概要を,開発の背景。対象の業務,業務部門からの要求を含めて,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた要件定義で,要求を実現する上でどのような問題が発生したか。また,その問題を解消又は軽減するために,業務部門にどのような提案をしたか。業務や情報システムでの対応を中心に,800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた提案の中で,業務部門が提案の採否を判断しやすいように提示しと評価項目などと,提案を採用する場合としない場合とを対比して評価した業務上の効果,及びその評価結果について,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 要件定義では,要求を実現する上で問題が発生する場合がある。システムアーキテクトは,このような場合,業務部門に対して問題を解消又は軽減するための提案をする。
 本問は,要件定義で提示された要求を実現する上で発生した問題の解消又は軽減のための提案について,具体的に論述することを求めている。論述を通じて,システムアーキテクトに必要な,相反する要求を認識し,解決策を見いだす能力,提案力,実行力,経験などを評価する。

採点講評

 全問に共通して,具体的で,経験に基づいていることをうかがわせる論述が多かった。また,問題文の引用で文字数を費やし,内容が薄くなってしまっている論述については昨年度から減少した。一方で,問題文に例示した項目を抜き出し,一般論と組み合わせて論述を構成する傾向については,昨年度と同様に多く見受けられた。問題文に記載した項目は事例として挙げたものであり,受験者は設問で求められていることを把握した上で,問題文中の事例にとらわれ過ぎることなく,実際の経験に基づいた具体的な論述をするよう,心掛けてほしい。
 問1(要求を実現する上での問題を解消するための業務部門への提案について)は,多くの解答が,経験を踏まえ,設問に沿って具体的に論述をしていた。本問では,要件定義における問題の解消をシステムアーキテクトとして論述することを求めた。しかし,要件定義ではなく,設計段階やテストにおける問題に関する論述や,解消策が体制面や期間調整などプロジェクトマネジメントの側面からの論述なども散見された。