読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

SA H25秋 午後Ⅱ 問2

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

設計内容の説明責任について

 システムアーキテクトには,システム開発関係者に十分な情報を提供し,設計した内容が適切であることを説明する責任がある。そのためには,説明する相手に応じて理解してほしい項目とその説明の観点を明確にしなければならない。
 例えば,ソフトウェア開発リーダにソフトウェア方式を説明する場合には,ソフトウェア要件定義書に基づき,ソフトウェアの最上位レベルの構成及びコンポーネントが果たすべき機能が業務要件と整合していることを理解してもらう。その際,次のような観点から説明する。

  • 対象業務の機能要件及び非機能要件と,コンポーネント分割の方針との整合性
  • コンポーネント分割の方針に従って設計したソフトウェア構造,そのソフトウエア構造の業務変化への対応容易性などの評価項目と評価結果

 また,ITサービスマネージャに障害時の対応処理方式を説明する場合には,ITサービス要件で定めた目標に基づき,設計したハードウェア構成及びソフトウェア方式によって目標を達成できることを理解してもらう。その際,次のような観点から説明する。

  • 障害への対応方針と,その方針に従った障害対応処理の設計内容
  • 設計した障害対応手順などがITサービス要件を満たしていると判断した根拠

 さらに,限られた時間内で効率よく理解してもらえるように,構成を含めプレゼンテーションを工夫することも重要である。例えば,全体を説明した上で各論を説明するために,全体を満載できる資料及び個別の論点と結論を明確にした資料を用意する。
 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが設計に携わったシステムとその対象業務,及びあなたが責任をもって説明した設計の概要について,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた設計の内容を,誰に,どのような項目を理解してもらうためにどのような観点から説明したか。800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた説明を限られた時間内で効率よく理解してもらえるように,どのようにプレゼンテーションを工夫したか。また,その結果から,プレゼンテーションの内容について改善すべきと考えた点について,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 システムアーキテクトには,システム開発関係者に対して十分な情報を提供し,設計した内容が適切であることを理解してもらえるよう,説明する責任がある。そのためには,説明する相手に応じて理解してほしい項目とその説明の観点を明確にしなければならない。さらに,限られた時間内で効率よく理解してもらえるように,構成を含めプレゼンテーションを工夫することも重要である。
 本問は,システムアーキテクトがシステム開発関係者に対して,システム設計の内容が適切であることを,責任をもって説明する方法について,具体的に論述することを求めている。論述を通じて,システムアーキテクトに必要な設計内容を説明する能力を評価する。

採点講評

 問2(設計内容の説明責任について)では,設計した内容を,関係者に対して,どのような観点から説明したのかについて,自らの経験に沿って論述することを期待した。この意図を理解して選択した受験者は,適切な論述をしていた。ただ,“説明した内容”と“説明の観点”の違いを理解できずに選択したと思われる受験者も多く,この場合は設計項目を羅列した論述や設計過程を述べただけの論述になっていた。この意味で,全体では題意に沿った論述と,そうでない論述に二極化しており,後者が多かった。システム開発においては,関係者が多くなることは必至である。このため,関係者に期待する役割を果たしてもらえるよう,観点を明確にして設計内容を説明する能力がシステムアーキテクトには必要とされる。この能力の重要性を理解し,実践してほしい。