技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

SA H26秋 午後Ⅱ 問1

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

業務プロセスの見直しにおける情報システムの活用について

 業務プロセスの見直しでは,情報システムを活用することが多い。業務プロセスの見直しを行う際は,業務上の問題とその原因を明らかにする必要がある。例えば,次のようなものがある。

  • 特定の業務プロセスに時間が掛かっていることが原因で全体の時間が延びている。
  • 顧客への対応手順が支店ごとに異なることが原因でクレームが発生している。
  • 判断のミスが多いことが原因で発注のロスが発生している。

 システムアーキテクトは,原因を取り除くために情報システムの活用を検討する。情報システムの活用には,例えば次のようなものがある。

  • 特定の業務プロセスに時間が掛かっていることが原因の場合,原因になっている業務プロセスを情報システムで自動化し,時間短縮を図る。
  • 顧客への対応手順が支店ごとに異なることが原因の場合,業務プロセスの標準に基づいた情報システム機能を開発し,必ず対応手順が同じになるようにする。
  • 判断のミスが多いことが原因の場合,ルール化した判断方法を情報システムに組み込み,人間による判断を排除する。

 また,このような情報システムの活用では,例外的な状況でも業務プロセスが実行できるように,次のような対応を検討しておくことも重要である。

  • まれに発生する例外データへの対応方法の用意
  • 情報システムで判断できない場合の人間への判断材料の提示

 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが携わった業務プロセスの見直しについて,見直しの対象となった業務プロセス,及び関連する情報システムの概要を含めて,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた業務プロセスの見直しは,どのような業務上の問題とその原因に対応するためのものであったか。また,原因を取り除くためにどのように情報システムを活用したか。800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた情報システムの活用で,例外的な状況でも業務プロセスが実行できるように,想定して検討した,起こり得る状況とその対応を,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 業務プロセスの見直しでは,情報システムを活用することが多い。このような見直しでは,業務プロセスの問題とその原因を分析し,システムアーキテクトが問題とその原因を解消するための情報システムの活用方法を検討する。
 本問は,業務プロセスの見直しにおける情報システムの活用について,業務プロセスの問題とその原因,原因を取り除くための情報システムの活用方法,例外的な状況でも業務プロセスが実行できるように想定した状況と対応を具体的に論述することを求めている。論述を通じて,システムアーキテクトに必要な情報システムの活用方法を検討する能力,経験などを評価する。

採点講評

 全問に共通して,設問に素直に答えている論述が多かった。また,問題文の引用で文字数を費やし,内容が薄くなってしまっている論述も少なかった。一方で,問題文に記載してある観点などを抜き出し,一般論と組み合わせただけの論述は引き続き散見された。問題文に記載した観点は例示である。自らが実際にシステムアキテクトとして,検討し取り組んだことを具体的に論述してほしい。
 問1(業務プロセスの見直しにおける情報システムの活用について)では,業務プロセスの問題とその原因を明らかにした上で,情報システムをどのように活用したかという具体的な論述を期待した。多くの解答が,業務プロセスの問題を解消するための情報システムの活用を論述していた。一方で,問題の原因追究が不足している論述や,業務プロセスの問題ではなく情報システムの問題を主題にした論述も散見された。システムアキテクトには,業務プロセスと情報システムの両面から対象業務システムを分析することが求められる。そのため,情報システムだけでなく,業務プロセスの面からの分析能力を高めていってほしい。