技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

SA H26秋 午後Ⅱ 問2

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

データ交換を利用する情報システムの設計について

 ビジネスのスピード向上や業務運用の効率向上を目的として,企業間や企業内システム間でデータ交換を利用する情報システムを構築する企業が増加している。データ交換では,運用時間帯,データ送信順序などの制約事項が,あらかじめ決まっている場合が多い。システムアーキテクトは,これらの制約事項を踏まえて,データ交換を利用する情報システムを設計しなければならない。
 例えば,データ交換を利用する受発注システムの場合,次のように情報システムの設計を行う。

  • 大量の入力データがある場合でも,データの送信開始時刻に間に合わせるために,送信側で,送信データの作成を多重で処理できるように設計する。
  • 受注データとマスタデータの送信順序が保証されない場合,データの整合性を維持するために,受信側で全ての受信データを一時保管した上で,その中からマスタデータを先に反映するように設計する。

 さらに,次のように,データ交換に伴う異常を想定して,情報システムでの対応方法を用意しておくことも重要である。

  • 一部の受信予定データが届かない場合,その後の処理全体が滞ることを避けるために,事前の取決めに従って,後続処理を開始できるようにする。
  • 受注データの受信から加工までの処理を自動化する場合でも,受注数量が過去実績に比べて極端に多いなどの業務上の異常データが発生したときには,処理を中断して人手による確認ができるようにする。

 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが構築に携わった情報システムにおいて,データ交換を利用する目的を,対象業務,及び対象の情報システムの概要を含めて,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた情報システムの構築において,どのような制約事項を踏まえて,どのように情報システムを設計したか。800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問アで述べた情報システムの構築において,データ交換に伴うどのような異常を想定し,情報システムでどのような対応方法を用意したか。その対応が必要になる理由とともに,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 ビジネスのスピード向上や業務運用の効率向上を目的として,企業間や企業内システム間でデータ交換を利用する情報システムを構築する企業が増加している。データ交換では,運用時間帯,データ送信順序などの制約事項が,あらかじめ決まっている場合が多い。システムアーキテクトは,これらの制約事項を踏まえて,デタ交換を利用する情報システムを設計しなければならない。
 本問は,データ交換を利用する情報システムの構築において,どのような制約事項を踏まえ,どのように情報システムを設計したか,また,どのような異常を想定し,情報システムでどのような対応方法を用意したか,具体的に論述することを求めている。論述を通じて,システムアーキテクトに必要なデータ交換を利用する情報システムの設計能力を評価する。

採点講評

 問2(データ交換を利用する情報システムの設計について)では,設計内容が具体的に論述されているものが多かった。データ交換を利用する情報システムの設計を実際に経験した受験者が,論述したことがうかがえる。システムアーキテクトとして,引き続き,様々な制約事項を考慮した情報システムの設計能力を高めていってほしい。