読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

SA H26秋 午後Ⅱ 問3

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

組込みシステムの開発における機能分割について

 組込みシステムのシステムアーキテクトは,組込みシステムの開発において,製品開発の企画書などで示されたシステム要件に基づき,機能仕様を決定する。また,機能仕様を実現するために,各機能を適切に分割して最適なシステムアーキテクチャを設計することが求められている。-
 例えば,機能仕様で,データに対して機能Aと機能Bを実現することと,データ量の増減に合わせて処理装置を増減することが求められているとする。このときのシステムアーキテクチャの設計では,機能Aの処理装置と機能Bの処理装置を複数個ずつ組み合わせて実現するか,両機能を実装した処理装置を複数個で実現するかを決定することがある。また,システム要件で示された安全性を確保するために,ハードウェアで実装する機能とソフトウェアで実装する機能を明確にし,両者を組み合わせて必要かつ十分な安全性を実現することなどがある。
 適切な機能分割を行うためには,安全性,信頼性,性能,開発スケジュール,開発・製造・保守などのコスト,製品展開,拡張性・再利用性,規格への適合性,知的財産などについて,複数の機能分割案を比較・検討する必要がある。その際には必要な事項を調査し,可能な限り定量的に比較・検討を行うことが重要である。
 また,システムアーキテクトは,機能分割の結果をシステムアーキテクチャ設計書,ハードウェア要求仕様書,ソフトウェア要求仕様書などにまとめる。このとき,決定に至った過程・経緯に対する追跡が行われることを考慮する必要がある。
 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが開発に携わった組込みシステムの機能,性能などの概要と,機能分割の対象とした機能を,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた組込みシステムに対する機能分割案の比較・検討に際して,調査を必要とした事柄,及び機能分割案の内容・比較項目・検討結果について,800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた機能分割案に対する評価,及び決定に至った過程・経緯に対する追跡への対応について,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 組込みシステム開発において,システムアーキテクトは,機能仕様を実現する最適なアーキテクチャの設計を行う。その際には,各機能を適切に分割して最適なアーキテクチャを設計することが求められている。
 本問は,アーキテクチャの設計における適切な機能分割の実施とその評価について,具体的に論述することを求めている。論述を通じて,システムアーキテクトとしてのアーキテクチャの設計における実践的能力を評価する。

採点講評

 問3(組込みシステムの開発における機能分割について)では,組込みシステム開発の際に求められるアーキテクチャ設計時の適切な機能分割についての実践的な論述を期待した。おおむね,設問の趣旨を理解し,機能分割についてシステムアーキテクトの観点から適切に論述されていた。一方で,分割の対象とした機能の説明が曖昧なものや分割の必然性が読み取れないもの,単なる機能モジュールの選択や新機能の追加に留まっているものなど,不十分な論述も散見された。