読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

SA H28秋 午後Ⅱ 問1

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

業務要件の優先順位付けについて

 情報システムの開発における要件定義において,システムアーキテクトは利用者などとともに,提示された業務要件を精査する。その際,提示された業務要件の全てをシステム化すると,コストが増大したり,開発期間が延びたりするおそれがある。そのため,システムアーキテクトは,業務要件のシステム化によって得られる効果と必要なコストや開発期間などから,例えば次のような手順で,提示された業務要件に優先順位を付ける。

  1. 業務の特性や情報システムの開発の目的などを踏まえて,組織の整備や教育訓練などの準備の負荷,業務コスト削減の効果及び業務スピードアップの度合いといった業務面での評価項目を設定する。また,適用する技術の検証の必要性,影響する他の情報システムの修正を含む開発コスト及び開発期間といったシステム面での評価項目を設定する。
  2. 業務の特性や情報システムの開発の目的などを踏まえて,評価項目ごとに重み付けをする。
  3. 業務面,システム面でのそれぞれの評価項目について,業務要件ごとに定量的に評価する。このとき,定性的な評価項目についても,定量化した上で評価する。
  4. 評価項目ごとに付与された重みを加味して総合的に評価し,実現すべき業務要件の優先順位を付ける。

 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが要件定義に携わった情報システムについて,その概要を,情報システムの開発の目的,対象の業務の概要を含めて,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた情報システムの要件定義で,業務要件をどのような手順で評価したか。その際,どのような評価項目を設定し,どのような考えで重み付けをしたか。800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた評価手順に沿って,どのような業務要件をどのように評価したか。また,その結果それらの業務要件にどのような優先順位を付けたか。幾つかの業務要件について,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 情報システムの開発における要件定義において,システムアーキテクトは利用者などとともに,提示された業務要件を精査する。その際,業務要件のシステム化によって得られる効果とコストや開発期間などを総合的に評価し,業務要件の優先順位を付ける。
 本問では,業務要件の優先順位付けをするための手順と評価の方法について,具体的に論述することを求めている。論述を通じて,システムアーキテクトに必要な,業務要件を分析して評価する能力と経験を評価する。

採点講評

 全問に共通して,自らの体験に基づき設問に素直に答えている論述が多かった。一方で,問題文に記載してあるプロセスや観点などを抜き出し,一般論と組み合わせただけの表面的な論述も引き続き見られた。問題文に記載したプロセスや観点は例示である。自らが実際にシステムアーキテクトとして,検討し取り組んだことを具体的に論述してほしい。
 問1(業務要件の優先順位付けについて)では,どのような評価のプロセスと評価項目で業務要件の優先度を評価したか,また情報システム開発の目的に沿った重み付けをしたか,を具体的に論述することを期待した。評価のプロセスと評価項目については,多くの受験者が論述できていた。一方で,情報システムの開発の目的と評価項目・重み付けの間の関連が分からない論述や,業務要件ではなくシステム要件を評価している論述も多かった。システムアーキテクトには,情報システムの開発目的を理解した上で,業務要件と情報システムの両面から分析することが求められる。情報システムだけでなく,業務要件と情報システムの両面からの分析能力を高めてほしい。