読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

SA H28秋 午後Ⅱ 問2

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

情報システムの移行方法について

 情報システムの機能強化のために,新たに開発した情報システム(以下,新システムという)を稼働させる場合,現在稼働している情報システム(以下,現システムという)から新システムへの移行作業が必要になる。
 システムアーキテクトは,移行方法の検討において,対象業務の特性による制約条件を踏まえ,例えば,次のような情報システムの移行方法を選択する。

  • 多数の利用部門があり,教育に時間が掛かるので,利用部門ごとに新システムに切り替える。
  • 移行当日までに発生したデータを当日中に全て処理しなければ,データの整合性を維持できないので,全部門で現システムから新システムに一斉に切り替える。
  • 障害が発生すると社会的な影響が大きいので,現システムと新システムを並行稼働させる期間を設けた上で,障害のリスクを最小限にして移行する。

 また,移行作業後の業務に支障が出ないようにするために,例えば,次のような工夫をすることも重要である。

  • 移行作業が正確に完了したことを確認するために,現システムのデータと新システムのデータを比較する仕組みを準備しておく。
  • 移行作業中に遅延や障害が発生した場合に移行作業を継続するかどうかを判断できるように,切戻しのリハーサルを実施し,所要時間を計測しておく。

 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが移行に携わった情報システムについて,対象業務の概要,現システムの概要,及び現システムから新システムへの変更の概要について,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた情報システムにおいて,対象業務の特性によるどのような制約条件を踏まえ,どのような移行方法を選択したか。選択した理由とともに,800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた情報システムの移行において,移行作業後の業務に支障が出ないようにするために,どのような工夫をしたか。想定した支障の内容とともに600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 情報システムの機能強化のために,新たに開発した情報システムを稼働させる場合,移行作業が必要になる。システムアーキテクトは,対象業務の特性による制約条件から,情報システムの移行方法を検討する。
 本問では,対象業務の特性による制約条件を踏まえて選択した移行方法と,移行作業後の業務に支障が出ないようにするための工夫について,具体的に論述することを求めている。論述を通じて,システムアーキテクトに必要な,情報システムの移行に関わる設計能力と経験を評価する。

採点講評

 問2(情報システムの移行方法について)では,対象業務の特性による制約条件を踏まえ,どのような移行方法を選択したか,移行作業後の業務に支障が出ないようにするためにどのような工夫をしたか,を具体的に論述することを期待した。多くの受験者が業務特性を明確に論述していた。一方で,業務特性の記述がなくシステム上の制約条件を考慮しただけの論述や,対象業務の特性ではなく情報システムの開発プロジェクトの制約を業務特性としていた論述も見られた。システムアーキテクトには,情報システムが業務でどのように使われているのかを正しく理解することが求められる。情報システムの設計,開発に当たっては常に業務を意識してほしい。