技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

SM H22秋 午後Ⅱ 問2

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

リリース管理におけるリリースの検証及び受入れについて

 新規のシステム又は改変されたシステムを,稼働環境に円滑に実装するためのリリース管理は,ITサービスマネージャの重要な業務である。リリース管理においてはリリースの内容を把握した上で,適切な実装計画を立案し,確実に実施するためのマネジメントが重要となる。
 中でも,実装直前に行うリリースの検証及び受入れは,リリース管理における重要なプロセスであり,それまでに次のような準備をしておく必要がある。

  • 受入れテスト環境の構築
  • 実装手順及び不測の事態に備えた切戻し手順の作成
  • 人的リソースの確保

 しかし,リリースの検証及び受入れのとき,次のような問題が発生することがある。

  • 緊急の受入れ要請があり,受入れテストに十分な時間を確保できない。
  • 受入れテストの結果,運用機能の改善が必要であると判明した。
  • 実装に当たり,当初想定した以上の作業要員が必要であると判明した。

 このような場合,ITサービスマネージャは,早急な問題解決に向けて利用者,関連部門などと対応を協議し,対策を実施する必要がある。
 また,再発防止に向けて,発生した問題の根本原因を究明し,適切な施策を講じなければならない。根本原因の究明に当たっては,リリースの検証及び受入れ,又はリリース管理の視点にとどまらず,ほかの管理プロセス(変更管理,構成管理など),更には稼働環境,運用基準なども含めた広範な視点から,分析を行うことが重要である。
 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが携わったITサービスの概要と,リリースの検証及び受入れの概要について,800字以内で述べよ。

設問イ

 リリースの検証及び受入れのときに発生した問題と,問題解決に向けて利用者。関連部門などと協議した対応の内容及び実施した対策について,800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた問題の根本原因と,再発防止に向けて講じた施策について,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 リリースの検証及び受入れは,安全かつ円滑なリリースの実装を行う上で,リリース管理における重要なプロセスである。
 本問は,リリースの検証及び受入れのときに発生した問題と,その問題を解決するために関係者と協議し,実施した対策について,具体的に論述することを求めている。併せて,問題の再発を防止するために,広範な視点から分析した結果判明した根本的な原因と講じた施策についても,具体的に論述することを求めている。論述を通じて,ITサービスマネージャとして有すべき問題の分析能力,対策の立案能力・遂行能力,関係者との調整能力などを評価する。

採点講評

 問2(リリース管理におけるリリースの検証及び受入れについて)では,リリースの検証及び受入れのときに発生した問題の対応と再発防止策について論述することを求めた。リリース管理の知識と経験のある受験者には取組みやすかったものと推察される。一方で,リリース管理についての理解ができていない受験者も多く,開発工程での受入れテストで発生した問題や,リリースの実装後に発生した問題など,題意に適さない対象についての論述が少なからず見受けられた。また,リリース管理の理解の有無にかかわらず,根本原因の究明と再発防止についてITサービスマネージャとしての知見がうかがえる論述は少なかった。リリース管理は,安全かつ円滑にリリースを実装するための重要なプロセスであり,規格(JISQ20000)やベストプラクティスなどを参考にして,他のプロセスとの関係を含めて理解しておくことが望ましい。