読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

SM H24秋 午後Ⅱ 問3

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

ユーザとの接点からの気付きを改善につなげる活動について

 日頃からITサービスを実際に利用する人(以下,ユーザという)との接点,例えばサービスデスクやユーザポータル(ITサービスに関する情報の提供・交換のためのWebサイト)には,ユーザからの様々な声が集まる。このような声からITサービスの問題に気付き,これを改善につなげることは,ITサービスの提供を依頼する人(以下,顧客という)にとってもメリットが大きい。 ITサービスマネージャは,顧客と合意して次のような活動に取り組む必要がある。

(1)問題の気付き
 ユーザとの接点に集まる声を調査して,ITサービスの問題に気付く。例えば,操作に関する同様の問合せが多いこと,サービスの状況に関する問合せが増えたことから,それぞれ,操作性,情報提供の問題に気付く。

(2)改善策の立案
 気付いた問題について,顧客の視点から,業務へのインパクト,問題の継続性,緊急性などを評価して,改善の優先度を検討する。優先度が高い問題に対して,顧客の業務への効果やコストなどを勘案して,改善策を立案する。

(3)改善策の実施や効果の検証に向けての準備
 改善策の確実な実施や効果の検証に向けて,役割分担などに留意し,顧客や開発部門などの関係者と連携して,ユーザへの改善内容の説明,効果を検証する手順の具体化などを行う。

 

 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが携わったITサービスの概要と,ユーザとの接点に集まる声を調査することで気付き,改善につなげた問題について,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた問題の改善の優先度について,評価項目として何を設定し,どのような検討を行ったか。また,どのような改善策を立案し,顧客の業務にどのような効果があると考えたか。800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた改善策の確実な実施や効果の検証に向けて,関係者と連携して行ったことについて,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 サービスデスクやユーザポータルなど,ITサービスを実際に利用するユーザとの接点には様々な声が集まる。このような声からITサービスの問題に気付き,改善につなげることは,ITサービスの提供を依頼する顧客にとってもメリットが大きい。
 本問は,ユーザとの接点に集まる声を調査することで気付いた問題と,評価項目を設定しての優先度の検討,立案した改善策及び顧客業務への効果について,具体的に論述することを求めている。併せて,改善の確実な実施や効果の検証に向けて,関係者と連携して行ったことについても論述することを求めている。論述を通じて,ITサービスマネージャとして有すべき問題発見能力,改善立案能力,調整能力などを評価する。

採点講評

 問3(ユーザとの接点からの気付きを改善につなげる活動)では,ユーザとの接点に集まる声を調査することで気付いた問題について,問題を検討して立案した改善策及び顧客業務への効果と,改善における関係者との連携について論述することを求めた。サービスデスクなどユーザとの接点業務を経験した受験者にとっては取り組みやすかったものと推察する。問題の気付き,問題の検討,改善策と効果の勘案に深い洞察の伺える優れた論述がある一方で,改善が必要と評価した根拠の不明なもの,効果についてはユーザ視点だけで顧客視点のないものが見受けられた。また,関係者との連携を主導するなど積極的な行動の伺える論述を期待したが,そのような論述はあまり見受けられなかった。関係者との効果的な連携はきわめて重要であり,積極的な取組みが望まれる。