技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

SM H27秋 午後Ⅱ 問1

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

ITサービスに係る費用の最適化を目的とした改善について

 ITサービスに係る費用の最適化を目的として,ITサービスマネージャは,顧客の要求事項,サービス提供者の経営環境,技術の変化などに応じ,顧客と合意したサービス目標に照らして,適切な費用改善策を立案し,実施する必要がある。
 適切な費用改善策を立案し実施するためには,まず,現状のサービスを提供するために要している費用の状況を把握し,改善目標を設定する。次に,パレート図,特性要因図などを用いて,非効率な活動がないか,必要な資源の選定・活用において改善の機会がないかなどについて分析する。その上で,運用効率や生産性の向上に向けて, 次のような観点から施策を検討する必要がある。

  • サービス管理手順の簡素化,自動化ツールの活用など,プロセスの見直し
  • 他サービスとの要員配置の調整,外部要員の活用など,体制の見直し
  • 外部の供給者に委託しているサービスのサービス時間や費用など,契約内容の見直し

 ITサービスマネージャは,関係部門とも協議し,費用対効果,実行可能性などを十分に検討した上で費用改善策を決定し,実施することが重要である。費用改善策を実施した後は,改善目標を達成できたかどうかを監視・分析する必要がある。また,様々な環境の変化に応じて,費用の最適化に向けた継続的な取組みを推進していくことも重要である。
 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが携わったITサービスの概要と,ITサービスに係る費用の最適化を目的とした改善を行うに至った背景について,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた背景を契機として実施した費用改善策と,改善策を立案し実施する上で検討した内容について,800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた費用改善策を実施した後,改善目標を達成できたかどうかを監視・分析した内容と,費用の最適化に向けた継続的な取組みについて,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 ITサービスに係る費用の最適化を目的として,顧客と合意したサービス目標に照らして,適切な費用改善策を立案し,実施することは,ITサービスマネージャの重要な業務である。
 本問は,ITサービスに係る費用の改善に至った背景,並びに費用改善策及び改善策を立案し実施する上で検討した内容について,具体的に論述することを求めている。併せて,費用改善策を実施した後,改善目標を達成できたかどうかを監視・分析した内容と,費用の最適化に向けた継続的な取組みについても論述することを求めている。論述を通じて,ITサービスマネージャとして有すべき問題分析能力,対策立案能力,改善提案能力などを評価する。

採点講評

 “ITサービスの概要”についてシステム機能の記述に終始したものが,問1,問2ともに見受けられた。また,両問とも,設問ウで改善の継続について論述を求めたが,“継続”して行っていくための考えや仕組みを述べたものはほとんどなかった。JISやITILを基に,継続的改善についての理解と実践を期待したい。
 なお,クラウドサービスの利用が広まってきているようで,これを題材とした論述が多かった。
 問1(ITサービスに係る費用の最適化を目的とした改善について)では,ITサービスに係る費用の改善に至った背景,並びに費用改善策及び改善策を立案し実施する上で検討した内容などについて論述することを求めた。ITサービスマネージャとして費用改善を実施した経験のある受験者にとっては取り組みやすかったようで,改善策の策定とその確実な実施のための深い検討がうかがえる良質な論述が多かった。しかし,パレート図や特性要因図などの言葉だけで費用構造の分析を具体的に述べていないものや,適切な分析もせずにツールを用いて作業を効率化するなど対策が先にありきと推察されるもの,改善策の決定に当たって費用対効果や実行可能性の検討が不十分なもの,などが見受けられた。これらは実務経験が不足しているために踏み込んだ論述ができなかったものと推察される。また,設問ウの継続的な取組みについては,改善策における課題についての論述がほとんどで,施策の有効性を一時的なものにしないという視点からの論述が少なかったのは残念である。費用の最適化はITサービスマネージャにとって重要なテーマであり,常日頃からの積極的かつ継続的な取組みを期待したい。