技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H24秋 午前Ⅱ 問1

◀️ 前へ次へ ▶️

 エンタープライズアーキテクチャ(EA)のビジネスアーキテクチャで機能情報関連図(DFD)を作成する目的はどれか。

  1. 業務・システムの機能と情報の流れを明確にする。
  2. 業務・システムの目的・機能,情報システムの管理・運用体制を明確にする。
  3. 情報システム間でやり取りされる情報の種類と方向を明確にする。
  4. 物理的なデータ構造を明確にする。

 

答え

      ア

解説

 DFDとは,業務やシステムの分析・設計時などのために利用する図です。次の4つの要素を用いて,データの発生,移動,出力,保管などを図示することができます。

  • プロセス:データを処理(円)
  • データストア:データの保管や取り出し(二重線)
  • 外部エンティティ:データの移動元,移動先(四角)
  • データフロー:データの移動(矢印)

 以下は,DFDの例です。(応用H27春午前問47より)

f:id:honmurapeo:20170501205244p:plain

  1. 業務・システムの機能と情報の流れを明確にする。
    正しいです。
  2. 業務・システムの目的・機能,情報システムの管理・運用体制を明確にする。
    DFDでは,目的や体制を表すことはできません。
  3. 情報システム間でやり取りされる情報の種類と方向を明確にする。
    DFDでは,プロセスとデータの関係と流れを示しますが,情報システム間でのやり取りを示すものではありません。
  4. 物理的なデータ構造を明確にする。
    DFDでは,データ構造までは表現できません。

出題歴