技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H28秋 午前Ⅱ 問2

◀️ 前へ次へ ▶️

 SCOR(Supply Chain Operations Reference model)で定義しているSCMに関する実行プロセスのうち,自社にとってのSourceに当たるものはどれか。

  1. 資材などの購入
  2. 受注と納入
  3. 納入後に発生する作業
  4. プロダクトの生産,サービスの実施

 

答え

      ア

解説

 SCORはSCM(サプライチェーンマネジメント)に関するプロセス参照モデルです。
 SCORのレベル1:トップレベルは,計画プロセス(Plan)及び4段階の実行プロセス,Source(資源・調達),Make(製造),Delivery(配送),Return(返品)によって構成されます。
 SCORを利用することで,サプライチェーンの機能やプロセスの分析,認識の共通化などができるようになっています。

  1. 資材などの購入
    Source(資源・調達)に該当します。
  2. 受注と納入
    Deliver(配送)に該当します。
  3. 納入後に発生する作業
    Return(返品)に該当します。
  4. プロダクトの生産,サービスの実施
    Make(製造)に該当します。