読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H21秋 午後Ⅰ 問2

◀️ 前へ設問へ次へ ▶️

エンジニアリング会社の社内システム再構築に関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。

〔C社の現状〕
 C社は,エンジニアリング会社である。主な事業は,顧客の業務システム開発を受託する情報システムの開発,機器の稼働情報を収集する端末装置などのハードウェア製品の開発,及び他社のハードウェア製品を組み合わせた案内表示システムなどの開発である。ハードウェア製品に対する顧客の要求事項は,24時間稼働や温度,湿度などの運用条件と,玄関などの出入口の外側に据え付ける製品の防水性やディスプレイに表示される文字の視認性などの設置条件である。C社では,これらの要求事項に従って,他社のハードウェア製品を購入して機能を強化したり,製品を新たに開発したりする。ハードウェア製品の開発や機能の強化は,C社で設計を行い,製造はメーカに委託する。

〔社内システムの運用状況〕
 C社には,営業部門に営業管理システム,情報システムの開発部門とハードウェア製品の開発部門に開発管理システム,購買部門に購買管理システムが導入されている。
 それぞれのシステムは,導入当初には部門間で手渡しによってデータ連携していた。
 その後,担当者の異動時の引継ぎが不十分でデータの受渡しが行われなくなったり,それぞれの部門でデータを変更したりするようになり,現在ではデータが一致していないところもある。
 営業管理システムには,顧客情報管理,受注,検収,売上の機能がある。営業部門では,顧客を訪問した記録は営業管理システムに入カし,営業担当者間で情報共有している。
 開発管理システムには,プロジェクトのスケジュール管理,各工程の完了時に工程別原価の実績を集計し,予定との対比ができる原価管理,購入仕様書作成の機能がある。購入仕様書は,情報システムの開発の一部を依頼するパートナ会社やハードウェア製品のメーカへ発注を行うときに使用される。
 購買管理システムには,開発部門から発行される購入仕様書に基づいて,パートナ会社やメーカへの発注・検収を管理する機能がある。購買部門では,検収後に開発部門からパートナ会社の品質,コスト,納期に関する評価の報告を受け,毎年1回パートナ会社の評価をまとめ,ランク付けし,購買管理システムで管理している。また,メールのあて先の誤りによる誤送信防止やIDカード紛失防止などの情報セキュリティ強化のための活動について,パートナ会社から報告を受けている。
 これらのシステムは,各部門で個々に構築してきたので,情報の共有ができていないという問題を抱えている。今回,業務部門が中心となり,IT部が支援してシステム再構築の検討を行うことになった。
 また,経営層から,今回のシステム再構築は,部門間の情報共有の推進,損益管理の強化,顧客対応と提案活動の強化による受注の拡大が目的であり,システム再構築を確実に実施するようにとの指示があった。
 システム再構築に当たり,各部門からそれぞれ要望が提出された。

〔営業部門の要望〕
 営業部門の要望は,顧客訪問活動の強化である。顧客訪問には営業担当者が同行せずに,開発部門の担当者だけで訪問することがある。そのときに顧客から質問を受けても,開発部門の担当者では回答できないケースがある。開発部門の担当者から営業担当者に対して,訪問時に受けた顧客からの質問内容をメールや電話で通知するが,営業担当者が対応を忘れることがある。その後,営業担当者が顧客を訪問したときに回答を催促されるなどの問題が発生している。また,顧客に納入した情報システムやハードウェア製品の稼働時期や構成などの稼働情報が,営業部門と開発部門とで不ー致になっているので,見直しが必要である。稼働時期によっては,サポート期限切れや部品の劣化などの問題があり,更新の提案が必要である。

〔開発部門の要望〕
 情報システムの開発部門の要望は,プロジェクト採算悪化の防止と顧客の要求を満足するパートナ会社を選択できることである。採算悪化を防止するためには,プロジェクトの問題を早い段階で検出したい。現在,品質について,設計,プログラム開発,試験のそれぞれの工程完了時に予定と実績によって評価している。加えて,月次でも評価することによって,より早い段階で問題が検出できている。プロジェクトの問題を早い段階で検出するために,品質以外でも月次で評価できるようにしたい。また,C社の顧客は情報セキュリティに関する意識が高いので,情報システムの開発の開始時には,パートナ会社を含めて,顧客の要求する情報セキュリティの水準を達成しているかどうかの確認が必要である。
 ハードウェア製品の開発部門の課題は,設計変更の発生の抑制である。メーカに機器の製造を委託するとき,担当者によっては,テキスト形式で記述する顧客の要求事項による運用条件や設置条件の記述内容が不十分で,設計変更が発生することがある。
 そのたびに,納期や金額の変更について,多くの時間を費やして交渉を行っている。

〔開発部門の要望〕
 情報システムの開発部門の要望は,プロジェクト採算悪化の防止と顧客の要求を満足するパートナ会社を選択できることである。採算悪化を防止するためには,プロジェクトの問題を早い段階で検出したい。現在,品質について,設計,プログラム開発,試験のそれぞれの工程完了時に予定と実績によって評価している。加えて,月次でも評価することによって,より早い段階で問題が検出できている。プロジェクトの問題を早い段階で検出するために,品質以外でも月次で評価できるようにしたい。また,C社の顧客は情報セキュリティに関する意識が高いので,情報システムの開発の開始時には,パートナ会社を含めて,顧客の要求する情報セキュリティの水準を達成しているかどうかの確認が必要である。
 ハードウェア製品の開発部門の課題は,設計変更の発生の抑制である。メーカに機器の製造を委託するとき,担当者によっては,テキスト形式で記述する顧客の要求事項による運用条件や設置条件の記述内容が不十分で,設計変更が発生することがある。
 そのたびに,納期や金額の変更について,多くの時間を費やして交渉を行っている。

〔新システムの検討〕
 ソフトウェアパッケージには,営業管理,開発管理,購買管理のサブシステムと,顧客情報,プロジェクト情報などを一元管理する共通データベースがある。  営業管理には,商談ごとの進拶管理,受注・売上,顧客訪問記録管理の機能がある。
 顧客訪問時に受けた質問に関しては,質問内容と回答状況(回答日,回答者,回答内容)が管理される。
 開発管理には,プロジェクトごとのスケジュール管理,月別・工程別に原価の予定と実績を管理する原価管理,パートナ会社やメーカへの発注予定時期と発注予定金額を管理する発注計画,購入仕様書作成の機能がある。パートナ会社への発注とメーカへの発注では,購入仕様書への入力項目がそれぞれ異なる。パートナ会社への発注における入力項目は,会社名,発注案件名,スキル層別の単価と工数,予定金額,発注予定日,納入予定日,検収予定日,納入場所である。メーカへの発注における入力項目は,メーカ名,型番,数量,希望金額,発注予定日,納入予定日,検収予定日,納入場所である。
 購買管理には,開発部門から発行される購入仕様書に基づくパートナ会社やメーカへの発注・検収,パートナ会社の評価管理の機能がある。
 稼働中のシステムの機能と各部門の要望にこたえられるかどうかについて,ソフトウェアパッケージの機能を確認したところ,次の機能と情報を追加する必要があることが分かった。

① ハードウェア製品の開発管理に関する機能

② パートナ会社を選定するために管理する情報

 

 

設問

設問1

 新システムによって改善できることについて,(1),(2)に答えよ。

(1)顧客に納入した情報システムやハードウェア製品に関する稼働情報の見直しを行うことによって,どのような提案活動ができるか,40字以内で述べよ。

(2)新しい開発管理によって,プロジェクトの問題を早い段階でどのように検出できるか,35字以内で述べよ。

 

 

解答例

(1)稼働時期を基に,対象となる情報システムや機器を確認し,更新の提案を行う。

(2)月ごとに原価の予定と実績を評価し,差が大きい場合に警告する。

解説

(1)

(2)

 

設問2

 部門間での情報共有によって改善できることについて,(1),(2)に答えよ。

(1)購買部門がパートナ会社との交渉において行うべきことを,40字以内で述べよ。

(2)顧客訪問活動を改善するために行うべきことを,35字以内で述べよ。

 

 

解答例

(1)パートナ会社への発注計画から発注予定金額を集計して,価格を折衝する。

(2)顧客訪問時の質問内容と回答状況の営業部門と開発部門による共有

解説

(1)

(2)

 

設問3

 新システムに追加すべき機能又は情報について,(1),(2)に答えよ。

(1)ハードウェア製品の開発管理に追加すべき機能を,35字以内で述べよ。

(2)パートナ会社を選定するために管理すべき情報を,30字以内で述べよ。

 

 

解答例

(1)運用条件と設置条件の入力と主要な項目の妥当性をチェックする機能

(2)情報セキュリティ強化のための活動についての評価結果

解説

(1)

(2)

IPA公開情報

出題趣旨

 ITストラテジストには,対象となる業務の調査・分析を行い,全体システム化計画を適切に策定する能力が求められる。
 本問では,部門システムがここに構築され,情報の共有が行われていないエンジニアリング会社の社内システム再構築を題材とし,新システムの活用による問題の解決,システム機能や情報の検討に対する,それぞれの能力を評価する。具体的には,各部門における業務への要望の調査,新システムの活用による顧客提案活動の強化とプロジェクトの問題の早期検出,情報の共有による購買部門の業務と顧客訪問活動における営業活動の課題の改善,新システムにおいてついかすべき機能の検討について問う。

採点講評

 問2では,エンジニアリング会社の社内システム再構築について出題した。題意はおおむね理解されていたが,本文の状況設定を理解できていないと思われる解答が一部に見られた。
 設問2では,部門間での情報共有により,購買部門や営業部門の要望をどのように改善できるかについて解答を求めた。(1)では,開発部門の発注計画情報ではなく,購買部門が既に保有している過去の発注実績情報を使用してパートナ会社と価格折衝するという誤った解答も多かった。(2)では,営業部門による顧客訪問活動を改善するために,営業部門以外の担当者が受けた質問の共有について解答を求めたが,営業部門が必ず顧客訪問すべきという解答や,営業部門が質問を入力するという誤った解答も多かった。
 設問3では,設計変更の抑制のために必要な情報と記述内容のチェックと,適切なパートナ会社の選択のために必要な情報について記述を求めた。(1)では,運用条件や設置条件の入力は,おおむね解答されていたが,その入力に対する妥当性のチェックに関する記述がされていない解答が見られた。(2)では,パートナ会社を評価する情報を管理していない状態でありながら,顧客の要求水準を管理するべきという誤った解答も多かった。