技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H21秋 午後Ⅰ 問4

◀️ 前へ設問へ

監視カメラシステムの企画に関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。

 E社は,自動車メーカ向けの小型カメラを製造している。E社の主力製品は,自動車をバックさせるときの後方確認用カメラである。近年は,車線境界線を監視してハンドル操作をサポートしたり,運転者の表情やまぶたの動きを監視して休憩を促したりするための,画像監視機能をもつ監視カメラシステムも製造している。この画像監視機能は,撮影した画像の中の動く部分を監視し,指定された動きと同ーとなったことや,動きが定められた時間以上停止したことを検知するものである。
 現在E社は業績が悪化しており,新たな市場展開によって業績を回復しなくてはならない状況にあることから,H市の新交通システムの導入に伴う監視カメラシステムのメーカ選定に応募することにした。

〔H市の新交通システム及び監視カメラシステムの概要〕
 H市では,市郊外の住宅地域と市中心部及び商工業地帯とを結ぶ公共交通機関の導入を決定している。この公共交通機関に関しては運用コストを抑えることが重要課題であることから,車両を無人運転にして少人数の駅員で運用できる新交通システムが採用された。駅員は,液晶付携帯型IP電話を用いて相互に連絡をとることができる。
 各駅構内及び車両内には監視カメラシステムを設置し,ほかの鉄道との乗換駅となるH市中央駅には監視カメラシステムの拠点となる監視室を設ける。
 H市の監視カメラシステムに対する要求事項は,次のとおりである。

(1)駅構内・車両内の不審物,転倒者,何らかの原因で動かなくなった者,暴力行為などの異常状態を監視し,発見時には,最寄りの駅員がすぐに対応できるようにする。

(2)車両内の監視カメラの画像は,必要に応じて無線で監視室に送る。

(3)駅構内の監視カメラは全体で100台,監視カメラを1台設置した車両が最大20車両稼働するので,車両内の監視カメラは全体で最大20台である。

(4)駅構内の監視カメラは,高所などに設置されるので,運用開始後の保守が難しい。

 

 後に,機能追加及び設定値変更が必要となったときの保守の方法を考慮する。なお,H市からの情報によると,監視室と各駅とを結ぶ通信回線はほかの用途でも使用するので,監視カメラシステムに割り当てられる帯域幅は,10Mビット/秒程度になるとのことだった。
 また,E社で行った画像監視機能開発において,次の事項が判明している。

  • 画像認識・解析のアルゴリズムには,設置場所の人の流れや設置環境によって調整すべき設定値が多くあること
  • これらの設定値は,設置されるカメラごとに運用実績を見ながら調整する必要があること

〔応募説明会〕
 H市は,監視カメラシステムのメーカ選定に当たり,応募説明会を開き,前述の要求事項(1)〜(4)を踏まえた技術提案書及び価格を,各メーカに提示してもらうことにした。この説明会にはE社のほかに,F社,G社の2社が出席した。

〔E社が入手した競合メーカの概要〕
 F社は,オフィスビル向けの監視カメラシステムメーカである。F社の監視カメラシステムは,カメラで撮影した画像を監視室に常時送信して監視室の表示モニタに画像を表示し,記録装置に画像データを常時記録するものである。1台の表示モニタで,最大4台のカメラの画像を同時に表示することができる。多数のカメラを設置する場合は,表示モニタの台数を増やすか,表示する画像を手動で選択しなければならないと推測される。
 G社は,工場向けの無人搬送車メーカである。G社の無人搬送車は,人やほかの搬送車などの障害物とぶつからないよう,搬送車前方に設置されたカメラで走行方向の障害物を監視しながら工場内の決められたコースを走行し,無線で指示された経路に従って指示された物品を搬送するものである。

 

設問

設問1

 E社が,技術提案書を作成するに当たり,克服しなくてはならない課題を挙げよ。また,その課題にどのように取り組むべきかを,50字以内で述べよ。

 

解答例

 課題:無線を用いた通信技術の取込み
 取組:無線を用いた通信技術をもつメーカとの共同開発や,技術又は部品の購入について検討する。

解説

 

設問2

 E社は,技術提案書の作成に当たり,監視カメラシステムにどのような特徴をもたせることによって,F社,G社との差別化を図るべきか。重視すべき提案項目を二つ挙げよ。また,各提案項目について,システムアーキテクトに指示すべき検討内容を,それぞれ40字以内で述べよ。

 

解答例

① 提案項目:異常状態の自動検出機能
検討内容:現在自社が保有している技術で,要求される異常状態検出が可能か否か

② 提案項目:遠隔からの設定値調整機能
検討内容:遠隔からの調整の対象となる設定値と設置範囲及び設定方法

解説

 

設問3

 E社は,今回の受注だけでは開発コストを回収できなくても,今回の受注を獲得すべきと考えた。E社は,今後どのような戦略をとるべきか。二つ挙げ,それぞれ30字以内で述べよ。

 

解答例
  • 同様な交通システムを有する事業者にシステム提案を行う。
  • 付加機能を順次提案し,その機能導入で収益を確保する。
解説

 

IPA公開情報

出題趣旨

 ITストラテジストには,競争力のある製品を企画・提案し,製品開発戦略や製品展開戦略を策定・推進できる能力が求められる。
 本問では,新交通システムの監視カメラシステムを題材として,顧客要求及び保有技術を整理し,新たな市場展開における,製品企画・提案を推進する能力を評価する。具体的には,克服sなくてなならない課題,差別化を図るために製品にもたせるべき特徴,低い受注価格に対する戦略について問う。

採点講評

 問4では,監視カメラシステムの企画・提案について出題した。全体として正当率は高く,題意はおおむね理解されているようであった。
 設問1では,E社が克服しなくてはならない課題について解答を求めた。正当率は高かったが,システムの要求仕様を羅列しただけの解答も一部に見られた。
 設問2では,提案の差別化について解答を求めた。他社に先行する技術や情報を基にした解答を期待したが,“画像圧縮”や“1モニタに多くの画像を分割表示”など,他社との差別化にならない解答が多かった。また,単に新交通システムの機能を示した解答も一部に見られた。
 ITストラテジストは,競争力のある製品の企画・提案を行い,製品開発戦略や製品展開戦略を策定し,推進できる能力を身につけてほしい。