技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H22秋 午後Ⅰ 問2

◀️ 前へ設問へ次へ ▶️

エンジンメーカの生産関連のシステムの見直しに関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。

〔D社の概要〕
 D社は,中小型エンジンを生産し,販売しているメーカである。D社は,標準品となるエンジン本体の型式を設定し,受注すると,標準品の本体に潤滑装置,冷却装置などの付属機器を装着したエンジンを納入している。大量の受注を見込める大手の顧客とは,長期契約を結び,顧客の要求仕様に合わせて,エンジン本体の設計を一部変更して別のエンジン本体を派生させて対応している。
 近年,標準品のエンジン本体の型式や付属機器の種類が多くなるにつれ,素材や部品,仕掛品,完成品の在庫が増加してきた。また,エンジンメーカ間の価格競争やサービス競争が激しく,業績を圧迫している。
 そこで,D社では今後,経営環境が更に厳しくなっても耐えられる体質に転換するために,次の経営方針を定めた。

  • 顧客の絞込みによるエンジン本体・付属機器の整理
  • 顧客二ーズを取り入れた品ぞろえによる売上の確保
  • 生産工程の見直しと在庫数の削減によるコスト削減

〔システムの概要〕
 D社では,出荷管理システムと生産関連のシステムを運用している。
 大手の顧客とは長期の供給契約を結んでおり,D社は,顧客が生産計画に基づいて作成した発注予定表を,毎月受け取っている。営業部は,発注予定表に記載された納入予定日時に間に合うように,出荷管理システムに,顧客ごと,エンジン本体ごとの出荷予定日時と出荷予定数を入力する。実際の納入は,出荷予定日の間近になって顧客から受け取る納入指示に基づいて,出荷管理システムに出荷確定日時と出荷確定数を入力し,完成品倉庫に出庫指示を出すことによって行われる。
 顧客からの納入指示の数量は,発注予定表の数量と異なることがある。製造部は,発注予定表の数量に基づいて策定された完成品の生産計画数量を,経験によって調整し,生産している。納入指示の数量が完成品倉庫の在庫数よりも多くなり,緊急生産することもある。
 生産関連のシステムは,生産計画システム,工程管理システム。在庫管理システムで構成されており,それぞれ次の処理を行っている。

① 生産計画システム

  • 出荷管理システムの情報を基に,出荷予定日における完成品の在庫必要数を決定する。
  • 生産計画の立案時点における完成品の現在庫数及び入出庫予定数を基に,エンジン本体ごとの3か月分の生産計画を立案する。

② 工程管理システム

  • 生産計画に基づいて,各工程に製造指示を出す。

③ 在庫管理システム

  • 完成品が完成品倉庫に入庫した時点で,完成品の在庫数を更新する。
  • 出荷管理システムからの出庫指示によって出庫した時点で,完成品の在庫数を更新する。

〔顧客との提携についての課題〕
 顧客にとっては,調達品の欠品による製造ラインの混乱を防止し,併せて調達費を低減することが重要な経営課題である。トラクタメーカなど幾つかの大手顧客から,“自社の工場内にD社の製品倉庫を設け,エンジン本体と付属機器をセットにしておき,必要なときに必要な量をこの倉庫から出庫して使用したい”という,部品供給に関する提携が持ちかけられている。
 D社は,営業部と製造部が参加する営業戦略会議を開き,この提携案を検討した。
 営業部では,“経営方針にもかなっており,顧客との関係がより緊密になるので,会社の収益に大きく寄与する”と考えている。製造部では,“顧客の工場内に設置する製品倉庫の在庫数を正確に把握しておかないと,欠品が生じるおそれがあり,顧客の製造工程に大きな影響を与えかねない”という見解であった。製造部の主要関係者の意見は,次のとおりであった。
 生産計画責任者:顧客の工場内に設置する製品倉庫には,欠品が発生しないと考えられる数量を余分に在庫しておけば,顧客の細かい要求に応じてその都度製造しなくてもよいので,生産面において無駄が省ける。製品企画責任者:顧客における,製品のモデルチェンジや新製品への切替えに伴って,D社の生産能力が不足するおそれがある。また,既存製品の生産終了によって,不良在庫や廃棄損失が発生することを想定して,あらかじめエンジン単価にリスク分を上乗せする必要がある。
 在庫管理責任者:顧客の発注予定の変更によって,在庫が多くなりすぎたり,旧型品が残ったりするおそれがあるので,エンジン単価に在庫の金利分や廃棄損失分を上乗せする必要がある。
 これらの意見に関して営業担当役員は,一部の意見には反対であり,提携の効果を上げるためには,次の課題を克服する必要があると述べた。

  • 顧客から適切な情報を得て,適正な生産能力を保つようにする。
  • 顧客の工場内に設置する製品倉庫の在庫数を適正に保つことができるようにする。

 営業戦略会議は,これらの課題を克服することを前提に,大手顧客との部品供給に関する提携を決定した。この決定に基づいて,D社は,顧客の工場内に設置する製品倉庫の在庫数を正確に把握するために,入出庫管理システムをインストールした独立型のPCを設置し,専任者を置いて入出庫管理を行う予定である。

 

設問

設問1

 営業担当役員の反対意見について,(1),(2)に答えよ。

(1)D社における経営方針から,考えられる反対意見を,40字以内で述べよ。

(2)顧客の観点から,考えられる反対意見を,40字以内で述べよ。

 

 

解答例

(1)顧客の工場内に在庫する数量を多くすると,D社の在庫の削減にはならない。

(2)エンジン単価を高く設定すると,顧客にとって調達費の低減にならない。

解説

(1)

(2)

 

設問2

 部品供給に関する提携の効果を実現するために,顧客との交渉によって得るべき情報について,(1),(2)に答えよ。

(1)適正な生産能力を保つために必要な情報を,30字以内で述べよ。

(2)顧客の工場内に設置する製品倉庫の在庫数を適正に保つために必要な情報を,35字以内で述べよ。

 

 

解答例

(1)モデルチェンジの予定情報や新製品の開発情報

(2)顧客の生産計画が確定した時点の,D社製品の日別出庫数の情報

解説

(1)

(2)

 

設問3

 顧客の工場内への製品倉庫の設置に当たって,生産計画システムに必要となる機能を,35字以内で述べよ。

 

解答例

製品倉庫の入出庫管理システムの在庫数の情報を取り込む機能

解説

 

IPA公開情報

出題趣旨

 ITストラテジストには,営業戦略の変更に迅速に対応して,情報システムに求められる機能を特定し,システム化計画を通じて実現していく能力が求められる。
 本問では,営業戦略の変更に伴う生産関連システムの見直しを題材に,部品の供給方法の変更に伴って考慮すべき必要な情報や機能についての識別能力を評価する。具体的には,経営方針や顧客のねらいと現場の意見とのかい離の内容,部品供給に関する提携の効果を実現するために必要な情報,生産関連システムに必要な機能について問う。

採点講評

 問2では,営業戦略の変更に伴う生産関連システムの見直しについて出題した。題意と状況設定を十分に理解しきれていない解答があり,全体として得点率は低かった。
 設問1は,D社の経営方針や顧客のねらいと現場の意見とのかい離について,解答を求めた。的確に解答できたものが多かったが,判断基準となる経営方針や経営課題を明記せずに,製造部の主要関係者の主張だけを解答しているものがあった。
 設問2は,部品供給に関する提携の効果を実現するために必要な情報について,解答を求めた。(2)は,システム概要に述べた内容を理解せずに解答したものが多く,正当率が低かった。
 設問3は,部品の供給方法の変更に伴って考慮すべき必要な情報や機能について,解答を求めた。正当率は低く,設問分の“顧客の工場内への製品倉庫の設置”という条件を考慮せず,顧客の生産管理システムとの関係を解答したものが多かった。
 ITストラテジストは,経営方針や顧客の経営課題を的確に理解する能力とともに,顧客との新しい連携方法にふさわしい機能と必要な情報をどのようにすれば提供できるのかを分析する能力を高めてほしい。