読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H24秋 午後Ⅰ 問1

◀️ 前へ設問へ次へ ▶️

産業用エネルギー機器の製造・販売を行う企業におけるメンテナンスサービス事業に関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。

 A社は,産業用エネルギー機器(以下,機器という)の製造・販売を行っている。近年は,業界での競合が激しく,A社は市場シェアでは上位を占めているが,機器の製造・販売で利益を上げることが困難になっている。
 A社は,機器の販売と修理サービスを販売代理店に委託している。A社の製品企画活動では,販売代理店からの修理情報,顧客からの機器の運転や機能の利用に関する情報などを参考に,新機能,新機種を開発している。しかし,販売代理店からの情報は曖昧なところが多いので,開発を検討するには不十分である。

〔販売代理店の状況〕
 販売代理店の修理要員は,顧客から修理の依頼があると,顧客の事業所に出向いて機器の状況を調べ,故障箇所と故障原因を特定する。その結果,部品や消耗品の交換で済む簡単な修理については対応するが,高度な修理を要するときはA社に修理を要請し,A社の修理要員の訪問日時を調整する。
 A社の顧客の多くは昼夜操業していることから,補修部品の取寄せ・欠品。修理要員の訪問日時の調整などで修理が長引いて,操業に大きな影響が出ることを懸念している。そこで,販売代理店は,A社に対して,補修部品の在庫管理の充実及び修理要員の派遣の迅速化を要望している。
 販売代理店は,修理活動によって得た情報を活用して,顧客に対して機器の改造・取替え・増設の提案活動を行うことになっている。しかし,販売代理店の修理要員は修理活動に関わる時間が多く,提案活動につながるような機器の運転状況,老朽化の状況の分析などに時間を割くことができないのが現状である。

〔補修部品の在庫計画の概要〕
 A社は,補修部品ごとの出荷履歴,設計仕様上の耐用年数を考慮して,向こう3か月間の在庫計画を立案している。機器の老朽化の状況は,運転状況によって変動し部品の劣化の状況にもばらつきが出る。補修部品は,部品ごとに一定数量のロットを工場の操業度が低下する時期に生産している。しかし,補修部品は,販売代理店からの出荷要求が増減するので,需要予測が難しく,欠品の場合は特別に生産して対応している。全ての補修部品で欠品を起こさないようにするには在庫負担が大きい。

〔メンテナンスサービス事業の立上げ〕
 A社にとって,修理サービス及び補修部品販売の売上高利益率は高い。しかし,修理サービスの需要が多いにもかかわらず,販売代理店からの高度な修理の要請にタイミングよく対応できていなかった。A社は,収益構造の転換を早期に実現するために,経営会議でメンテナンスサービス事業の立上げを決定した。経営会議では,メンテナンスサービス拠点を全国に設置して,次の三つのサービスを提供することを取り決めた。

① 365日24時間の修理サービス

② 販売代理店が行っていた修理サービスの一部

③ 低燃費運転,予防保全,故障原因の分析などのコンサルティングサービス

 経営会議では,主に次のような意見が出された。

  • メンテナンスサービス拠点を早期に全国に設置するためには,A社の拠点が少ないので,既存の販売代理店の活用が必須である。販売代理店が,簡単な修理活動をするだけでなく,提案活動に多くの時間を割くことができるような施策を検討すべきである。
  • メンテナンスサービスによって得られた情報を使って,生産計画の精度を向上させるとともに,製品企画活動を強化する方策を検討すべきである。

〔メンテナンスデータ収集システムの導入〕
 A社は,経営会議での決定・意見を受けて,メンテナンスデータ収集システムの導入を決定した。機器の本体に通信モジュールを装備し,通信回線を介して機器の運転状況のデータを収集し,データベースに蓄積する。また,電圧降下,圧力上昇,温度異常などの警告,機器故障を判定して,A社の監視用端末に表示する。当該顧客を担当する販売代理店でも状況を確認することができる。既設の機器については,修理サービスの向上をアピールして,顧客に通信モジュールの装備を勧める。
 メンテナンスデータ収集システムの導入によって,故障の前兆・発生を捉えることができ,機器本体の不具合箇所を特定することができる。また,不具合の内容によって,簡単な修理で済むか,高度な修理が必要かを前もって判断できるので,販売代理店及びA社の修理要員は,あらかじめ必要な補修部品を携えて,修理に出向くことができる。
 A社は,収集したデータを用いて,機器の運転状況,機能の利用状況を分析し,コンサルティングサービスを展開できるようになる。また,生産活動,製品企画活動に有効な情報も得られる。データの分析結果を提供することによって,販売代理店では提案活動に活用できる。

 

設問

設問1

 A社のメンテナンスサービス事業について,(1),(2)に答えよ。

(1)メンテナンスサービス事業において収益の柱となる売上を,二つ答えよ。

(2)メンテナンスサービス事業によって顧客が受けるメリットとその理由を,それぞれ20字以内で述べよ。

 

 

解答例

(1)・修理サービスの売上
・補修部品販売の売上

(2)修理時間が短縮されることによって顧客の操業への影響が小さくなることなど,顧客が受けるメリットとその理由について適切に記述していること

解説

(1)

(2)

 

設問2

 メンテナンスデータ収集システムを活用した,販売代理店の修理活動と提案活動について,(1),(2)に答えよ。

(1)販売代理店の修理活動におけるメリットとその理由を,それぞれ20字以内で述べよ。

(2)販売代理店の提案活動におけるメリットとその理由を,それぞれ20字以内で述べよ。

 

 

解答例

(1)不具合箇所と補修部品が分かることによって機器の修理に要する時間を短縮できることなど,販売代理店の修理活動におけるメリットとその理由について適切に記述していること

(2)運転状況,老朽化の状況が分かることによって機器の改造・取替え・増設の提案ができることなど,販売代理店の提案活動におけるメリットとその理由について適切に記述していること

解説

(1)

(2)

 

設問3

 メンテナンスデータ収集システムを活用した。A社の生産活動と製品企画活動について,(1),(2)に答えよ。

(1)A社の生産活動におけるメリットとその理由を,それぞれ25字以内で述べよ。

(2)A社の製品企画活動におけるメリットとその理由を,それぞれ25字以内で述ベよ。

 

 

解答例

(1)補修部品の需要時期が予測できることによって補修部品の在庫計画の精度が向上することなど,A社の生産活動におけるメリットとその理由について適切に記述していること

(2)運転状況,機器の利用状況が分かることによって新機能,新機種の開発が検討できることなど,A社の製品企画活動におけるメリットとその理由について適切に記述していること

解説

(1)

(2)

IPA公開情報

出題趣旨

 出題趣旨ITストラテジストには,新事業を展開するための課題分析力,ステークホルダへの提案能力,新事業を支援するシステムの構想力が求められる。
 本問では,産業用エネルギー機器の製造・販売を行う企業における新事業の展開を題材にして,メンテナンスサービス事業を支援する情報システムに関して業務モデルを作成する能力を評価する。具体的には,メンテナンスサービス事業の収益の柱と顧客へのメリットとその理由,メンテナンスデータ収集システムの活用による販売代理店及び自社へのメリットとその理由について問う。

採点講評

 問1では,産業用エネルギー機器の製造・販売を行う企業における新事業の立上げを題材にして,メンテナンスサービス事業を支援する情報システムに関わる業務モデルの作成について出題した。全体として正答率が高く,状況はおおむね理解されているようであった。
 設問1は,正答率が高かった。顧客の視点なので,イメージがしやすかったようである。設問2は,正答率が低かった。販売代理店が享受できるメリットに関する解答を求めていたが,“早期に全国に拠点を設置するための活用拠点”のように,A社や顧客のメリットを挙げている解答があった。
 設問3(2)も,正答率が低かった。設問に製品企画活動と明示しているにもかかわらず,“機器の交換などの保守サービス”に関連する内容の解答があった。
 ITストラテジストは,業務モデルを作成する際に必要なそれぞれの関係者が享受するメリットは何かを適切に把握する能力を高めてほしい。