技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H24秋 午後Ⅰ 問4

◀️ 前へ設問へ次へ ▶️

自動販売機の企画に関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。

 E社は,飲料用自動販売機メーカで,販売先は酒類と清涼飲料の製造・販売を行うG社である。E社の自動販売機には通信機能があり,自動販売機内の在庫を遠隔地から確認することができる。自動販売機の設置場所は広範・多岐にわたり,設置場所によって通信手段が異なるので,LAN,携帯電話,PHSなど,複数の通信手段に対応している。

〔G社の経営状況・経営戦略〕
 G社は自動販売機による売上は順調であるが,主な販路である販売店及び飲食店においては売上が伸び悩んでいる。そこで,経営悪化の打開策として,E社に対し,E社の従来の自動販売機にはない機能(以下,新機能という)を提案するよう依頼した。
 G社が例として挙げたのは,G社の主な販路で売上を伸ばすことができる機能であった。

〔新機能の概要〕
 G社の依頼を受け,E社のITストラテジストのH氏は次のような新機能を考えた。

① 災害情報提供機能

  • 災害時に,被災地及びその周辺で液晶画面に文字・画像を表示したり,音声を出力したりすることによって,災害の状況や避難場所などの災害情報を提供する。

② 災害時商品無償提供機能

  • 災害時に,被災地及びその周辺で,緊急支援物資として自動販売機内の商品を無償で提供する。

③ 道案内機能

  • 利用者が,最寄り駅,最寄りバス停,飲食店などの目的地を一覧から検索すると,目的地までの経路を表示する。
  • 目的地までの経路を表示する機能を近隣の自動販売機と連携させ,利用者が表示された経路の自動販売機に近づく頃に“○○駅ココ右折”などの道案内を表示する。

④ お勧め商品紹介機能

  • 性別及び年齢層別に,自動販売機で販売中のお勧め商品を紹介する。
  • 購入履歴を基に,利用者の好みの商品を提案する。

 H氏は,システムアーキテクトのJ氏に,これらの新機能の実現方法を調査するように指示した。

〔新機能の実現方法〕
 J氏は,新機能の実現方法について調査し,その結果を機能ごとにまとめ,H氏に報告した。

① 災害情報提供機能

  • 関係省庁及び自治体と連携し,災害に関する最新情報を表示する。
  • 停電で外部からの電力供給が断たれたときでも,内蔵する電池を使って,最寄りの避難所までの道案内の画面表示を,1日程度続ける。

② 災害時商品無償提供機能

  • 遠隔操作又は手動操作によって,商品を無償提供する。
  • 停電で外部からの電力供給が断たれたときでも,内蔵する電池を使って,商品がある限り1日程度は無償提供を続ける。

③ 道案内機能

  • タッチパネルの操作によって,目的地を入力する。
  • 道路の新設。廃止,工事中などの情報を入手し,道案内をする。
  • 目的地までの経路にある,道案内機能を搭載した自動販売機は,利用者が来ると思われる時間が経過したときに道案内を表示する。

④ お勧め商品紹介機能

  • カメラの画像から年齢,性別を判断する。
  • 購入層ごとのお勧め商品情報は,毎日更新する。
  • 個人を識別できる画像情報及び過去に購入した商品情報をサーバに保存し,カメラの画像から利用者を識別し,過去に購入した商品に関連した新商品を紹介する。

 これらの新機能の中には,継続運用するために他企業と提携すべきもの,及び個人情報保護の面で問題となり得るものがある。また,災害情報提供機能及び災害時商品無償提供機能の実現は,技術的には可能であるが,機能実装コスト,保守コストの増加などの問題がある。

〔新機能に関するG社の提案・意向とE社の対応〕

(1)G社の提案・意向

 H氏が,G社の経営者に新機能について説明したところ,G社の経営者は,道案内機能を評価するとともに,この機能を利用して,利用者を提携店に誘導する新機能を提案してきた。具体的な内容は,道案内機能と連動し,近隣店舗の情報を自動販売機に表示し,G社の商品を扱う近隣の販売店,飲食店などの提携店を優先的に紹介する機能(以下,提携店優先紹介機能という)である。さらに,G社の経営者は,次のような意向を示した。

  • 提携店優先紹介機能については,E社と特許を共同出願することで,特許権を共有したい。
  • 提携店優先紹介機能を含めた全ての新機能を備えた自動販売機を,半年後に市場に出したい。

(2)E社の対応

① 提携店優先紹介機能の詳細化
 H氏は,J氏に提携店優先紹介機能の詳細化を指示した。J氏が検討した結果を次に示す。

  • G社の商品を扱う販売店の集客アップのために,当日の特する。
  • G社の商品を扱う飲食店のメニュー。“レジで○○と言うと割引になります”といったサービスなどの情報を紹介する。

 提携店優先紹介機能の実現については,G社と特許を共同出願することを前提に開発を進めることにした。

② X全ての新機能を備えた自動販売機の開発
 H氏は,G社の意向どおりに全ての新機能を備えた自動販売機を開発するのは納期の面で困難と判断した。そこで,G社の経営状況を踏まえ,先行して実現すべき二つの新機能を搭載した自動販売機をまず開発して,G社に納入し,その後,ハードウェアの追加とソフトウェアの更新によって,残りの新機能を実現することで,G社との合意を得ることができた。また,H氏は,先行して実現すべき二つの新機能を実現するためにはそれぞれ,関係省庁,自治体,企業など他の組織から入手すべき情報があると考えた。

 

 

設問

設問1

 自動販売機の開発計画について,(1),(2)に答えよ。

(1)G社と合意して先行して実現することにした新機能を二つ答えよ。またそれぞれについて,その理由を25字以内,その新機能を実現するに当たって,他の組織から入手すべき情報を30字以内で述べよ。

(2)自動販売機の納入後,ソフトウェアの保守や機能の追加が考えられる。ソフトウェアの更新について考慮しておくべき事項を,30字以内で述べよ。

 

 

解答例

(1)新機能提携店優先紹介機能
理由:G社の主な販路の売上を伸ばせる機能だから
情報:当日の特売品,メニュー,サービスなどの情報

新機能道案内機能
理由:提携店優先紹介機能と連動した機能だから
情報:道路の新設,廃止,工事中などの情報

 

(2)通信機能を使ってダウンロードできるようにしておく。

解説

(1)

(2)

 

設問2

 新機能の実現について,(1),(2)に答えよ。

(1)個人情報保護の面で問題となり得る新機能を答えよ。

(2)災害情報提供機能と災害時商品無償提供機能の実現に伴う機能実装コスト及び保守コストの増加の原因を,35字以内で述べよ。

 

 

解答例

(1)お勧め商品紹介機能

(2)電池を搭載したり,交換したりするための費用が掛かる。

解説

(1)

(2)

 

設問3

 E社が,飲料以外の自動販売機向けにライセンス料収入の獲得を目的とし,他の自動販売機メーカに,G社との共同出願特許である提携店優先紹介機能をもつ自動販売機の製造・販売を許諾するに当たって,あらかじめ行っておくべきことを,15字以内で述べよ。

 

解答例

 G社の同意を得ておく。

解説

 

IPA公開情報

出題趣旨

 出題趣旨ITストラテジストには,顧客の状況や市場動向を分析し,機能を提案したり,開発上の課題を解決したりする能力が求められる。
 本問では,自動販売機の開発を題材に,顧客の状況を踏まえた上で,新たな商品を提案し,開発上の課題を解決する能力を評価する。具体的には,顧客の経営状況を踏まえた先行開発,バージョンアップの開発計画の策定,新機能の実現における課題の把握,特許の共同出願において留意すべき内容について問う。

採点講評

 問4では,飲料用自動販売機における新機能開発の企画について出題した。題意や状況設定は,おおむね理解されているようであった。
 設問1では,開発計画について解答を求めた。(1)では,先行して実現すべき新機能及び他の組織から入手すべき情報についてはおおむね理解されていたが,その理由の記述では,G社との合意を得た状況を踏まえていない解答も一部に見られた。(2)では,納入後の保守や機能の追加に関連しない解答が一部に見られた。
 設問2では,新機能の実現について解答を求めた。(2)では,機能実装コストと保守コストの両面を考慮してほしかったが,その一方だけを記述した解答も多く見られた。
 ITストラテジストは,顧客の状況や市場動向を分析し,開発上の問題を解決したり機能を提案したりする能力を高めるとともに,関連する法規や特許に関する知識を身につけてほしい。