技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H25秋 午後Ⅰ 問1

◀️ 前へ設問へ次へ ▶️

地方自治体による自転車シェアリング事業の展開に関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。

 A市は,歴史的な町並みの保存と併せて,中心市街地の区画整理,道路の拡幅,自転車専用レーンの設置,及び中心市街地の周辺地区にある複数の駐車場の整備を行ってきた。しかし,これらの取組みにもかかわらず,A市では,通勤者・買物客・レジャー施設利用客の自家用車での中心市街地への乗入れ,又は観光名所などへの観光バス・自家用車の集中によって,道路は慢性的に交通渋滞に陥っている。また,路上の放置自転車も交通の大きな妨げになっている。

〔自転車シェアリング事業計画の概要〕
 A市は,穏やかな気候に恵まれ,一年中,自転車の利用が可能であることから,誰でも自由に利用できる自転車(以下,共有自転車という)を配置し,市街地交通に活用する方針を定めた。放置自転車対策及び中心市街地・観光名所周辺の交通渋滞対策として,自転車シェアリング事業を展開することにした。自転車シェアリング事業計画の概要は,次のとおりである。

  • バスターミナル及び中心市街地の周辺地区の各駐車場に,共有自転車の保管場所(以下,駐輪ステーションという)を設けて,そこから共有自転車を借り出して利用できるようにする。
  • 中心市街地の要所要所に駐輪ステーションを設け,利用者は,借り出した場所とは別の駐輪ステーションに共有自転車を返却することもできる。
  • 観光客向けに,観光名所の集客施設に駐輪ステーションを設置する。
  • 自転車シェアリングの利用を促進するために,バスターミナル,観光名所の集客施設などに,案内板を設置するなどして周知する。
  • 駐輪ステーションがどこにあるのか分かるように,スマートフォン向けWebサイトを開設し,地図を掲載する。このWebサイトには,観光名所,おすすめのサイクリングコースなど,利用者から投稿された情報も掲載する。

〔自転車シェアリング事業の社会実験〕
 国内では,自転車シェアリング事業について先行した取組み例が少なく,期待した効果が得られるかどうか分からない。そこでA市は,本格的な事業展開に先立ち,民間事業者(以下,事業運営者という)と共同して社会実験を行った。

  • 駐輪ステーションには,共有自転車の前輪をロックする装置(以下,自動ロック装置という)複数台と,自動精算機1台を設置する。
  • 利用者は,市役所に設けられた利用登録窓口で,住所・氏名・電話番号を届け出て利用者登録を行い,利用者カードを受け取る。
  • 共有自転車を借りるときは,自動精算機に利用者カードをかざして登録データを読み込ませ,利用料金を投入して,自動ロック装置から共有自転車を引き出す。返却するときは,空いている自動ロック装置に押し込む。返却が完了したら,利用者は新たな借り出しが可能になる。
  • 事業運営者は,共有自転車が特定の駐輪ステーションに偏在しないように,駐輪ステーションを回って集配作業を行う。
  • 事業運営者は,自動精算機に投入された現金を回収し,釣銭を補充する。

〔社会実験の結果と課題〕
 社会実験の結果から,自転車シェアリング事業は,交通渋滞の緩和に寄与していることが確認できた。また,次の利用状況と本格的な事業展開に向けての課題を確認できた。

1.利用状況

  • 利用者の行動特性:中心市街地の商店街と観光名所近辺において,利用者の行動圏の拡大という現象が見られたことから,地域経済の活性化につながる可能性がある。
  • 企業の利用:企業の従業員が,得意先まわり,商談など業務目的で利用する例がある。
  • 観光客の利用:観光客は,利用登録方法と利用登録窓口の場所を知らなかったり,自転車シェアリングに不慣れであったりするので,利用件数が伸びない。特にバスターミナルと観光名所の集客施設では,観光客からの問合せが多い。また,Webサイトに投稿された情報の場所について,経路や所要時間などの問合せもある。
  • 駐輪ステーションの利用:中心市街地の周辺地区にある駐車場の駐輪ステーションでは,平日の朝は郊外からの通勤者への貸出しで共有自転車が不足し,タ方は返却された共有自転車で満杯になってしまうことがある。その際に,最寄りの駐輪ステーションに回って返却する利用者もいる。一方,日中(9:00〜17:00)は,全般的にどの駐輪ステーションも朝夕に比べて利用者が少ない。

2.本格的な事業展開に向けての課題

(1)A市の認識

  • 駐輪ステーションで,共有自転車が出払ってしまっていたり,満杯で返却できなかったりして,別の駐輪ステーションに回る利用者もいるので,利用者への駐輪ステーションの情報提供の方法の見直しも併せて,何らかの対策が必要である。
  • 自動精算機に投入された現金の取扱業務は,金銭トラブルの発生リスクを伴うので,クレジットカード又は交通系ICカード(以下,この二つを決済用カードという)の利用を考慮すべきである。

(2)事業運営者の認識

  • 朝に貸出しがピークとなる駐輪ステーションでは,自動精算機に長い待ち行列ができる。決済用カードで貸出処理に要する時間を短縮できれば,待ち行列の緩和が期待できる。
  • 日中の利用者を増やしたい。そのためには,パッケージツアーを販売する旅行業者と提携し,観光客の利用を増やす必要がある。また,Webサイトに投稿された情報の活用方法の検討と企業への働きかけも必要である。

〔今後の取組み〕
 自転車シェアリング事業は,事業収益が見込め,交通渋滞の緩和,地域経済の活性化及び市民生活の向上に寄与できることが分かった。そこでA市は,次の3点に留意して,本格的に事業を展開することにした。

  • 事業運営収入を高める。
  • 事業運営の効率を高める。
  • 利用者の利便性を高める。

 

設問

設問1

 事業運営収入を高めるための施策について,(1),(2)に答えよ。

(1)企業に対して働きかける内容を,15字以内で述べよ。

(2)観光客の利用を促進するための具体的な方策を二つ挙げ,それぞれ40字以内で述べよ。

 

 

解答例

(1)業務目的での利用の促進

(2)・常設の利用登録窓口を,バスターミナルと観光名所の集客施設に設ける。
・旅行業者と提携し,自転車シェアリングの利用を推奨してもらう。

解説

(1)

(2)

 

設問2

 事業運営の効率を高めるための施策について,(1),(2)に答えよ。

(1)駐輪ステーションにおける。利用者への貸出処理を迅速にするために必要な機能を,25字以内で述べよ。

(2)駐輪ステーションの利用状況を考慮して共有自転車の配置数を決めるために必要な情報を,40字以内で述べよ。

 

 

解答例

(1)自動精算機での決済用カードによる貸出処理

(2)駐輪ステーション・曜日・時間帯ごとの共有自転車の貸出と返却の台数

解説

(1)

(2)

 

設問3

 利用者の利便性を高めるための施策について,(1),(2)に答えよ。

(1)駐輪ステーションに関し,スマートフォンを通して利用者に提供すべきサービスを,40字以内で述べよ。

(2)Webサイトに投稿された情報に関し,スマートフォンを通して利用者に提供すべきサービスを,40字以内で述べよ。

 

 

解答例

(1)借出し又は返却が可能な最寄りの駐輪ステーションまでの経路を表示する。

(2)観光名所までの経路,サイクリングのコース,所要時間などを表示する。

解説

(1)

(2)

IPA公開情報

出題趣旨

 ITストラテジストは,事業を展開するに当たって,事業運営収入の向上策,事業運営効率の向上策,利用者の利便性の向上策について,もてる能力を発揮する必要がある。
本問では,自治体が展開する自転車シェアリング事業における,ITを活用した業務モデルの構想力について評価する。具体的には,1.事業運営収入を高めるための企業や観光客に対する利用促進策,2.事業運営の効率を高めるために,貸出処理の迅速化に必要な機能や共有自転車の配置数の決定に必要な情報,3.利用者の利便性を高めるために,スマートフォン向けに提供すべきサービスについて問う。

採点講評

 問1では,地方自治体による自転車シェアリング事業の展開について出題した。全体としては正答率が高く,状況設定は,おおむね理解されているようであった。
 設問2(2)では,共有自転車の配置数を決めるために必要な情報を問うたところ,1日における貸出数と返却数などの解答にとどまり,駐輪ステーションごとの特性,曜日の特性,時刻の特性まで注意が向いていない受験者が多かった。
 設問3(1)では,駐輪ステーションに関し,スマートフォンを通して利用者に提供すべきサービスを問うたところ,全駐輪ステーション一覧での満空情報の提供といった解答が多く,スマートフォンのGPS機能の活用まで思い至らない受験者が多かった。(2)では,設問文のWebサイトに投稿された情報を表示するといった解答が多く,具体的な情報の項目を挙げ,その表示方法まで解答できなかった受験者が多かった。
 ITストラテジストは,システムが必要とする機能や情報について,気を配る姿勢をもつようにしてほしい。