技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H25秋 午後Ⅰ 問4

◀️ 前へ設問へ次へ ▶️

健康管理ロボットの開発に関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。

 D社は,血圧計,体温計,体重計など(以下,健康計測機器という)の製造・販売をしている健康計測機器専門メーカである。健康計測機器の販売数は,健康志向の高まりと,美容・ダイエットのブームが続いている間は一時的に伸びたが,現在は低下傾向にある。他社製品との競合による販売価格の引下げもあって,D社の売上,利益は,ともに減少してきている。
 そこでD社では,売上と利益を増大させるために,これからも増え続ける高齢者を対象にした新たな製品戦略を立てることにした。

〔高齢者に関する健康管理の調査〕
 D社は,新たな製品戦略の立案に当たり,高齢者を対象に,日常の健康管理の実態について調査し,その結果を次のようにまとめた。

  • 血圧,体温,体重などは毎日計測した方がよいと思っているが,計測するのを忘れたり,記録するのが面倒だったりして続けることができない。
  • 食事,運動などについて,医療機関でこまめにアドバイスしてほしい。
  • 常用している薬を飲み忘れてしまうことが多い。
  • 一人暮らしで話し相手がいないので,塞ぎ込みがちになることが多く,健康管理へのモチベーションを高く保つことが難しい。

 さらにD社は,医療機関を対象に,高齢者の診断に関する要望について調査し,その結果を次のようにまとめた。

  • 睡眠,食事,薬の服用などの生活状況のデータ(以下,生活データという)と,日常の血圧,体温,体重,歩行の歩数などの計測記録(以下,計測データという)の蓄積があれば,質の高い診断ができる。
  • 生活データと計測データがあれば,その推移から適切な医療指導ができる。

〔新製品の機能要件〕
 D社のITストラテジストであるE氏は,高齢者の健康管理について把握した実態を基に,新たな製品戦略の核になるものとして,生活データと計測データの収集・蓄積をして利用者の健康管理を行い,あたかも家族のように利用者と日常会話を交わすマスコット型ロボット(以下,健康管理ロボットという)を開発することにした。そのために,E氏は,システムアーキテクトであるF氏に,健康管理ロボットに関する次の機能要件を実現するための仕様の検討を指示した。

  • 血圧,体温,体重の計測と薬の服用を,適切なタイミングに行うように促す機能
  • 血圧,体温,体重を計測するタイミング,薬を服用するタイミングを,利用者が簡単に設定できる機能
  • 生活データと計測データを収集する機能
  • 生活データと計測データの傾向から,健康管理のアドバイスを行う機能

〔健康管理ロボットの仕様〕
 F氏は,E氏から提示された機能要件について検討し,実現可能性を踏まえて次の仕様をまとめ,E氏に報告した。

  • 健康管理ロボットは,会話の内容とカメラの画像から生活データを収集し,規則正しい睡眠,食事及び薬の服用,並びに,血圧,体温,体重の計測を促す。
  • 血圧,体温,体重を計測するタイミング,薬を服用するタイミングは,利用者と健康管理ロボットとの音声による会話形式で設定できるようにする。
  • 健康管理ロボットは,新たに開発する通信機能をもった健康計測機器と歩数計から計測データを受信できるようにする。
  • 健康管理ロボットは,生活データ及び計測データの傾向から健康管理のアドバイスを行う。アドバイスの一例を次に示す。
     “今日は血圧が適正値を超えているよ。運動量が少ないようなので,散歩にでも行きましょうか。”
  • 1台の健康管理ロボットの利用者は1人とする。

 健康管理ロボットと健康計測機器の構成例を,図1に示す。

f:id:honmurapeo:20170506105114p:plain

〔製品化を行う上での留意事項〕
 E氏は,健康管理ロボットを製品化するに当たり,考慮する必要がある事柄を次のようにまとめた。

  • ①健康管理ロボットとD社の健康計測機器を組み合わせて使用させるための機能を戦略的に組み込む
  • 健康管理ロボットの使用開始時の設定,ソフトウェアバージョンアップなどの保守サービスに配慮する。
  • 医療における診断は医師しかできないので,健康管理ロボットのアドバイスは,生活データと計測データを解析して求められる一般的な事項にとどめる。
  • 健康管理ロボット及び各健康計測機器について,薬事申請も検討する。

〔ロボットの開発,製造,保守サービス〕
 E氏は,F氏の検討結果を踏まえ,健康管理ロボットの開発,製造,保守サービスについて,これまでロボット開発の経験がない自社で行った場合と,既にマスコット型ロボットの開発・販売を行い,全国に保守サービス拠点をもつメーカのG社に委託する場合との比較・検討を行った。この比較・検討では,保有技術,設計コスト,設計期間,生産設備,保守サービス体制の5項目について評価した。評価に当たっては特に,他社に先駆けて健康管理ロボットを市場に出すこと,及び健康管理ロボットを数多く市場に普及させることを重視した。その結果,G社に開発,製造,保守サービスを一括して委託することにした。

〔新たなビジネスモデル〕
 E氏は,健康管理ロボットを早期に広く普及させるために,健康管理ロボットを単体では利益を得られない低い販売価格に設定した。しかし,それでも健康管理ロボットを利用者に直接販売するだけでは,広く普及させることは難しいと考えた。
 そこでE氏は,健康管理ロボットが収集した生活データと計測データを対象としたシステムをクラウドコンピューティングサービス上に構築し,利用者の生活データと計測データを蓄積する機能をクラウドサービスとして提供することにした。さらに健康管理ロボットを購入してD社と情報利用に関わる契約をした医療機関は,購入した健康管理ロボットによって蓄積されている生活データと計測データに有償でアクセスできるという新たなビジネスモデルを考えた。このビジネスモデルでは,医療機関を直接の顧客とし,医療機関から治療中の患者に健康管理ロボットを貸し出すという形態にした。また,健康管理ロボットの貸出しを受けた患者から個人情報の提供について,あらかじめ了解を得ることにした。

 

設問

設問1

 健康管理ロボットの開発について,(1),(2)に答えよ。

(1)E氏が,新製品としてマスコット型ロボットを考えたときに想定した利用者を,15字以内で述べよ。

(2)健康管理ロボットの開発,製造,保守サービスを自社で行うか,G社に委託するかを決定するに当たり,E氏が重視した項目を三つ挙げ,重視した理由をそれぞれ30字以内で述べよ。

 

 

解答例

(1)話し相手のいない高齢者

(2)・項目設計期間又は保有技術理由他社に先駆けて健康管理ロボットを市場に出したいから
・項目生産設備理由健康管理ロボットを数多く生産する必要があるから
・項目保守サービス体制理由数多く普及したときに保守サービスの拡充が必要だから

解説

(1)

(2)

 

設問2

 本文中の下線①において,戦略的に組み込まれる機能は何か。30字以内で述ベよ。

 

解答例

 D社の健康計測機器と,容易に接続できる機能

解説

 

 

設問3

E氏が考えた新たなビジネスモデルについて,(1),(2)に答えよ。

(1)D社が利益を得ることができる売上は何か。二つ挙げ,それぞれ15字以内で述べよ。

(2)D社と契約したことで,医療機関は患者にどのような価値を提供できるようになるか。二つ挙げ,それぞれ30字以内で述べよ。

 

 

解答例

(1)・クラウドサービスの売上
・健康計測機器の売上

(2)・蓄積された計測データと生活データに基づく質の高い診断
・計測データと生活データの推移に基づく適切な医療指導

解説

(1)

(2)

IPA公開情報

出題趣旨

 ITストラテジストには,市場の動向を分析し,自社の保有技術を把握した上で,新たな製品戦略を立案し,ビジネスモデルを構築する能力が求められる。
 本問では,健康管理ロボットの開発を題材に,市場の状況と自社の保有技術を踏まえた上で,新たな製品の開発を企画する能力を評価する。具体的には,機能と想定する利用者の関係,自社開発と委託開発の判断,戦略的に組み込む機能の検討,新たなビジネスモデルの構築について問う。

採点講評

 問4では,健康管理ロボットの開発について出題した。題意や状況設定は,おおむね理解されているようであった。
 設問1では,製品の開発について解答を求めた。(1)では,製品と想定した利用者の関係がよく理解されていたが,(2)では,重視した項目と重視した理由の整合がとれていない解答が一部に見られた。
 設問2では,製品化に当たって戦略的に組み込む機能について解答を求めた。おおむね理解されていたが,本文中の下線1を踏まえていない解答も多く見られた。設問の指示をよく読んで解答してほしい。
 設問3では,新たなビジネスモデルについて解答を求めた。(1)では,健康管理ロボットの価格設定を考慮に入れていないと思われる解答が一部に見られた。
 ITストラテジストは,市場の動向を分析し,自社の保有技術を把握した上で,新たな機能を提案したりビジネスモデルを構築したりする能力を高めてほしい。