技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H28秋 午後Ⅰ 問1

◀️ 前へ設問へ次へ ▶️

大学の業務及び情報システムの統合に関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。

 A大学は,B県の公立総合大学である。少子化による志願者の減少や自治体財政のひっ迫による影響で,近年,運営費交付金が激減している。そこで,B県では,A大学と,県内公立の看護系単科大学及び短期大学を,新たに設立する一つの法人(以下,新法人という)の下に再編することにした。さらに,3年後までには三つの大学を統合し,名称もA大学に一本化して,学部学科の見直しやキャンパスの集約を行うことによって,大学運営の効率向上を図る方針が県議会で承認された。
 これに合わせて,各大学の情報システム部門のメンバから成る検討チームを立ち上げ,業務及び情報システムの現状を調査した後,業務及び情報システムを一元的に統合するための検討を開始した。
 各大学で運用している情報システムのうち,ネットワーク(以下,NWという)システム,電子メールシステム,学務システム,財務会計システム及び人事給与システムが検討の対象となった。

〔業務及び情報システムの統合方針〕
 新法人の下への三つの大学の再編と,その後の三つの大学の統合に合わせて,2段階で統合を進める業務及び情報システムの統合方針を策定した。
 第1段階では,当面の対応として,新法人としての業務の円滑な実施を可能にすることを目的とし,各大学の業務の見直し及び情報システムの改修は最小限に抑え,その後,第2段階として,業務及び情報システムの統合を進め,大学の統合に備えていく。
 情報システムの統合については,データセンタに構築するプライベートクラウドコンピューティングの基盤(以下,クラウド基盤という)の利用も考慮していく方針である。

〔情報システムの概要〕
 情報システムの概要と現状,及び情報システムの統合に向けてのシステム機能求事項は,表1のとおりである。

f:id:honmurapeo:20170503153718p:plain

〔各大学の個別の状況〕
 各大学とも,教員が所属する学部と,職員が所属する事務局がある。情報システムの運用管理は各大学の事務局内の情報システム部門が行っており,A大学では学術情報センタが,その他の大学ではそれぞれの大学の情報システム課が担当している。
 A大学の学部LANでは,スイッチや無線LANアクセスポイントなどのNW機器を学部で独自に設置していることがあり,学術情報センタでは,学部LANの物理的な接続状況などの詳細なNW構成情報を把握できていない。また,現状調査から,A大学の情報系学科には,情報技術の研究を目的とした研究用LANが設置されており学部LANに接続していることが分かった。研究用LANは,外部のNWと接続し,大学のNWポリシでは認められていないプロトコルの通信実験などを行っており,情報系学科の教員が構築し,運用している。
 教員の中には,大学間で兼務している者もいる。全ての大学の教職員はB県の地方公務員なので,人事給与体系については同一である。ただし,国からの補助金などによって各研究室が独自に雇用する臨時職員や各学部で採用する非常勤講師の人事給与体系については,大学や学部ごとに独自に規定している。また,A大学ではこのような臨時職員や非常勤講師については,各学部で独自に電子メールアカウントの作成や削除の管理をしている。A大学の各学部では,正式な採用前に電子メール アカウントを作成することがある。

〔業務・情報システム統合計画〕
 検討チームでは,業務及び情報システムの統合方針に従い,業務・情報システム統合計画について,第1段階を表2,第2段階を表3のとおり策定し,それぞれの大学の幹部に答申した。

f:id:honmurapeo:20170503153753p:plain

f:id:honmurapeo:20170503153816p:plain

〔業務・情報システム統合計画の課題〕
 策定された統合計画に対し,A大学の幹部から,“学部学科の見直しでは校舎の割当ての変更が予定されており,これを機に一部の教室の改修工事に早々に着手することから,NW工事を行うが,必要な情報が不足しているのではないか”といった意見があった。また,A大学以外の大学の事務局幹部から,“事務局の職員が業務で利用する情報システムの統合は,簡単にできないのではないか”との意見があった。その他にも他の幹部から,電子メールアカウント管理に関する懸念など,幾つかの意見があった。
 これらの意見を受けて,検討チームは,検討体制を見直した上で,業務・情報システム統合計画を見直し,計画を推進することにした。

 

設問

設問1

 業務・情報システム統合計画の第1段階について,(1)〜(3)に答えよ。

(1)財務会計業務に関する統合計画を実施するために整理すべきことを,30字以内で述べよ。

(2)A大学幹部のNW工事に関する意見について,統合計画の実施において不足している情報は何か。20字以内で述べよ。

(3)A大学において,NWポリシに沿った運営をするために検討すべきことは何か。15字以内で述べよ。

 

解答例

(1)新法人の財務諸表と各大学の勘定科目,予算科目間の対応

(2)学部LANの詳細なNW構成情報

(3)研究用LANの運用方法

解説

(1)

(2)

(3)

 

設問2

 業務・情報システム統合計画の第2段階について,(1)〜(3)に答えよ。

(1)NWシステムの再構築における認証機能の整備に当たって,連携すべき情報は何か。15字以内で述べよ。

(2)全ての電子メールアカウント管理を学術情報センタに一元化することによって想定される問題点について,40字以内で述べよ。

(3)  y  システムに関する統合計画を実施した場合に想定される問題点について,35字以内で述べよ。

 

解答例

(1)人事給与システムの人事情報

(2)A大学の臨時職員や非常勤講師の電子メールアカウントを適時に発行できない。

(3)業務が統一されず,教務情報や学納金の管理業務が複雑になる。

解説

(1)

(2)

(3)

 

設問3

 業務・情報システム統合計画の推進に向けて,検討体制を見直した理由は何か。40字以内で述べよ。

 

解答例

 業務手順の検討には,情報システム部門以外の事務局の職員の参加が必要だから

解説

 

IPA公開情報

出題趣旨

 ITストラテジストには,経営戦略の実現に向けて,事業の制約などを考慮して,情報技術を活用した事業戦略,情報システム戦略及び情報システム化計画を策定する能力が求められる。
 本問では,大学の法人化と統合に起因した,業務及び情報システムの統合を題材として,業務及び情報システムの統合計画策定に関する能力を評価する。具体的には,統合計画の実施に向けた準備事項,統合計画で考慮すべきこと,統合計画の検討体制の見直しの理由を問う。

採点講評

 問1では,大学の業務及び情報システムの統合について出題した。題意や状況設定は,おおむね理解されているようであった。
 設問1(1)では,新法人としての会計業務手順の整備を求める解答が一部に見られた。統合計画の第1段階では,業務の見直しは最小限に抑える方針であることを踏まえて,新法人の財務諸表と,各大学の勘定科目,予算科目間の対応関係を整理する必要があることを読み取ってほしかった。
 設問3は,正答率は高かったが,大学の事務局幹部から意見があったことを理由に挙げた解答が一部に見られた。意見を単に受け入れるのではなく,その背景を考え,問題解決に向けた取組みを進めることの重要性を理解してほしい。
 ITストラテジストは,経営戦略や事業上の制約を考慮して,情報化計画を策定する能力を高めてほしい。