読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H21秋 午後Ⅱ 問1

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

事業施策に対応した個別情報システム化構想の立案について

 企業では,事業戦略に基づいて,より具体的な事業施策を策定する。ITストラテジストは,事業施策の背景や目的を十分に理解した上で,情報システムが果たすべき役割を見極め,個別情報システム化構想を立案しなければならない。個別情報システム化構想の立案に当たっては,事業施策に対する情報システムの有効性を示しながら,例えば次のような仕組みを検討する必要がある。

  • 通信販売の強化策への対応では,事業の拡大スピードに対応できるシステム方式や販売物流の仕組み
  • 製造拠点の海外展開策への対応では,グローバルな生産協調や現地事情を考慮したシステム運用の仕組み
  • 顧客の維持・拡大策への対応では,営業情報の有効活用,素早い伝達や新たな営業機会創出の仕組み

 これらの検討結果を基に,個別情報システム化構想の投資効果を更に高めるために既存システムの改修か新規開発か,ソフトウェアパッケージの利用か個別開発か,情報システムの自社保有か外部サービス利用かなど,情報システムの構築方法について様々な検討や工夫を加えることも重要である。
 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが携わった個別情報システム化構想の立案対象となった事業施策の概要と,情報システムが果たすべき役割を,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた事業施策に対応した個別情報システム化構想を立案する際に検討した仕組みの内容と,その結果を基にして立案した個別情報システム化構想の概要を,800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた個別情報システム化構想の立案において,投資効果を高めるために,情報システムの構築方法についてどのように検討し,工夫したか,また,その結果をどのように評価しているか,600字以上1,200字以内で述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 企業では,事業戦略に基づいて,より具体的な事業施策を策定する。ITストラテジストは,事業施策の背景や目的を十分理解した上で事業施策の実現に対して適切な個別情報システム化構想を立案できることが重要である。また,個別情報システム化構想の投資効果を高めるために,情報システムの構築方法についても様々な検討や工夫を加えることも重要である。
 本問は,事業施策に対応した個別情報システム化構想の立案に当たって検討した仕組みと,投資効果を高めるための情報システムの構築方法について,具体的に論述することを求めている。論述を通じて,ITストラテジストに必要な構想力,企画力,問題発見力などを評価する。

採点講評

 全問に共通して,“ユーザ企業・組織における課題への取組や問題点に対する具体的な解決策を求める問題”であり,この趣旨に沿って論述をすることが重要である。
 問1(事業施策に対応した個別情報システム化構想の立案について)は,事業施策を実現するために,様々な構築方法について検討し,個別情報システムの構想をどのように立案したかを問う問題であった。個別情報システム化構想の仕組みの検討結果については,おおむね具体的に論述されていたが,システム化構想の事業施策との関連性や,幅広い角度からの仕組みの検討についてまで論述したものは少なかった。