技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H21秋 午後Ⅱ 問2

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

情報システム活用の促進策の立案について

 業務の効率向上や意思決定の迅速化などを目的に情報システムの導入を計画し,システム要件どおりに導入したが,活用が進まず,導入の目的を達成できない場合がある。活用が進まない原因として,例えば次のようなことが考えられる。

  • 情報システムの機能を十分に活用するためのノウハウの共有が不十分で,利用者は一部の機能しか使っていない。
  • 利用部門の管理者のリーダシップが足りないので,利用者に情報システムの利用を徹底できない。
  • 正確なデータがタイムリに入力されないので,必要とする情報が必要なときに入手できない。

 このような例では,活用を進めるための直接的な対策として,情報システム活用のノウハウに関するトレーニング,管理者の意識改革,データ入力チェックリストの制定などが挙げられる。
 しかし,直接的な対策だけでは,活用が進まないことがある。多くの場合,幾つかの原因があって,それらの間に関連があったり,隠れた原因があったりする。したが って,ITストラテジストは活用が進まない真の原因を分析し,有効な対策を検討する 必要がある。その上で,実行手順・対象範囲・期間・体制などを明確にした情報システム活用の促進策を立案しなければならない。
 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが活用の促進策を立案した情報システムの概要と導入の目的について事業や業務の特性とともに800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた情報システムが活用されない真の原因について,あなたの分析の結果を,分析の観点を含めて800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた分析の結果,あなたは情報システムの導入の目的を達成するた めに,どのような促進策を立案したか,工夫した点とともに,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 システム要件どおりに情報システムを導入したが,活用が進まず,導入の目的が達成できない場合がある。このような場合,利用者の利用実態や管理者の指導状況を調査し,活用が進まないことの原因を分析し,情報システム活用のための対策を検討しなければならない。多くの場合,原因は幾つかあり,それらの間に関連があったり,隠れた原因があったりするので,真の原因を分析し,対策を検討することが重要である。
 本問は,情報システムの活用が進まない真の原因を分析し,有効な対策を検討すること,さらに実行手順・対象範囲・期間・体制などからなる促進策について,具体的に論述することを求めている。論述を通じて,ITストラテジストに必要な問題分析力,企画力,行動力などを評価する。

採点講評

 問2(情報システム活用の促進策の立案について)では,システム活用が進まない状況や問題点の特定については具体的に論述されていた。しかし,原因分析の観点や真の原因の分析についての記述が浅いものや記述がないものが見られた見られた。また,原因としてシステム要件の不備を記述したものや促進策としてシステムの機能改善に終始したものも散見された。