技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H21秋 午後Ⅱ 問3

◀️ 前へ解答例へ

開発工程の遅延に対処するための組込み製品の企画の変更について

 新しい機能をもつ組込み製品の企画に際しては,ターゲット市場の動向,競合他社の動向,社会的制約,自社の営業力,実現可能性といった様々な情報を分析し,市場で最も有利な時期に販売を開始できるようにすることが重要である。ところが,開発工程の遅延によって,意図した時期に販売を開始できなくなることがある。
 例えば,新機能の一部の実装に手間取り,開発要員を追加投入しても予定していた販売開始時期までにすべての機能を実装できなくなることがある。このようなとき,“販売開始時期を遅らせる”,“一部,機能制限のある製品を先に販売開始し,すべての機能を実装した製品の販売を少し延期する”など,組込み製品の企画を変更しなければならないことがある。
 開発工程の遅延に対処するために,組込み製品の企画を変更する場合,次のような点について分析や検討を行って,変更案をまとめる必要がある。

  • 追加の開発投資が発生したときの採算性
  • 販売開始が遅れたときの,競合他社に対する優位性への影響
  • 企画変更後のスケジュールと実現可能
  • 先に販売開始するとしたときの,一部,機能制限のある製品と,販売時期をずらしてすべての機能を実装した製品とにおける,機能差と価格差との間のバランス

 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが携わった組込み製品の企画のうち,開発工程の遅延に対処するために,企画の変更によって販売を実現させた製品について,その製品の概要を,機能特徴,製品戦略なども含めて,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた組込み製品の企画の変更において,要因となった開発工程の遅延の内容と遅延が発生した理由は何か。また,その対処のためにあなたはどのよ うな点について分析し,検討したか 800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた分析・検討の結果,あなたはどのような変更案を作成したか。また,その後の販売開始に至るまでの状況の変化や,採用されなかった変更案との比較なども含めて,採用した変更案をどのように評価しているか。600字以上1,200字以内で述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 組込み製品の企画を作成し,開発をしているとき,何らかの事象が発生し,当初の企画を変更しなければならないことがある。変更した企画案は,製品にもたせるべき機能及び特徴,製品戦略,製品のライフサイクルなどの組込み製品の企画の基本的なコンセプトに影響しないことが重要である。そのためには,発生した事象に対して,最適な方策を立案することが重要である。
 本問は,開発工程の遅延を題材として,企画を変更するときに,どのような点について検討して,どのような方策を立案し,どれを最適な案としたか,そして,採用した変更案をどのように評価しているかについて具体的に論述することを求めている。論述を通じて,組込みシステムのストラテジストに必要な問題分析力,企画力などを評価する。

採点講評

 問3(開発工程の遅延に対処するための組込み製品の企画の変更について)は,組込みシステム製品を対象とする新しいタイプの問題であったが,選択者は少なかった。多くの論述の内容が具体的であり,実際の経験を伺わせるものであった。ただし,一部に企画の変更時における分析の深さや検討対象の広さについての論述に不十分なものがあった。