技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H22秋 午後Ⅱ 問1

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

事業環境の変化を考慮した個別システム化構想の策定について

 個別システム化構想を策定する際には,事業環境の調査・分析の結果を基に,全体システム化計画と整合性をとりながら,システム化の目的,範囲,開発体制,導入時期,システム方式などの概略を決める。
 昨今は,事業環境の変化が激しいことから,ITストラテジストは,事業部門との密接な情報交換を行いながら,例えば,次のような点について検討して事業環境の将来動向を把握し,個別システム化構想に反映させる必要がある。

  • 事業の外部環境 (法規制の動向,他社の事業戦略や商品開発力の状況,顧客や利用者の評価など) の現状と今後の見通し
  • 事業の内部環境 (財務状況,サービス体制,商品開発体制,システム状況など)の現状と今後の見通し

 これらの検討結果から,既存システムの延命の是非,新システムの開発・導入の時期,システムの規模に応じた最適なシステム方式などを判断し,個別システム化構想を策定する。
 なお,事業環境の変化に柔軟に対応できるシステムを構築するための工夫として,ソフトウェアパッケージを活用した迅速な導入と定着,SOAの適用,SaaSなどの外部サービスの利用なども重要である。
 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが携わった個別システム化構想の策定について,その概要を,事業の特性とともに,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた個別システム化構想の策定に際して,事業環境の将来動向を把握するために検討した内容と,認識した事業環境の状況を,800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた事業環境の状況を踏まえて,変化に柔軟に対応できるシステムにするために,どのような個別システム化構想としたか。また,どのような点を重要と考え,工夫したか,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 昨今は,事業環境の変化が激しいことから,個別システム化構想を策定する際には,事業環境の将来動向を的確に把握し,変化に柔軟に対応できるシステムにすることが大切である。
 本問は,ITストラテジストが,個別システム化構想の策定において,事業環境の将来動向を的確に把握するために,どのようなことを検討し,どのように判断したかについて,具体的に論述することを求めている。論述を通じて,ITストラテジストに必要な分析力・企画力・洞察力・行動力などを評価する。

採点講評

 全問に共通して,ITストラテジストとしての経験と考えに基づいて,設問の趣旨に沿って論述することが重要である。設問の趣旨から外れた論述や具体性に乏しい論述は,評価が低くなってしまうので,是非,留意してもらいたい。
 問1(事業環境の変化を考慮した個別システム化構想の策定について)は,事業環境をどのように把握し,認識してシステム化構想を策定したかを問う問題である。おおむね出題趣旨に沿って論述しているものが多かったが,事業環境の現状把握にとどまり将来動向の論述に至らないものや,対象システムの現状の課題とその解決策についての論述に終始しているものも散見された。