読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H22秋 午後Ⅱ 問2

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

情報システムの追加開発における業務の見直しについて

 既存の情報システムが事業の変化に伴う業務の変更に適応できず,業務遂行に問題が発生すると想定される場合,情報システムの全面再構築ではなく,一部を改修した り,新たな機能を追加したりする追加開発を実施することがある。このような場合追加開発に先立って業務の見直しを行うことで,情報システムの肥大化・複雑化を抑えることができるとともに業務の効率が向上したり,利用者の利便性が向上したり,情報システム運用の効率が向上したりする。
 ITストラテジストは既存の情報システムの制約を考慮しながら,業務と情報システムの問題点を分析し,次のような観点から業務の見直しを進めることが重要である。

  • 業務ルールや業務分担の変更
  • 過剰業務,重複業務,低付加価値業務などの廃止・削減
  • 情報技術の一層の活用による業務の効率向上

 情報システムの追加開発における業務の見直しでは,利用者・利用部門が従来の業務・情報システムに執着し,業務の見直しに消極的なことも多い。この点に配慮してITストラテジストは,業務の見直しを進めるに当たって,利用者・利用部門の意識改革を進める必要がある。具体的には,現行業務を十分に理解し,全体最適化・コスト最小化の視点から,業務と情報システムの問題点を指摘してその解決策を提示したり利用者の利便性向上や情報システム運用の効率向上に関して説明したりして,理解・協力を得ることが重要である。
 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが携わった情報システムの追加開発の背景と概要について,業務の特性とともに,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた情報システムの追加開発に当たり,あなたはどのような観点で業務の見直しを行い,その結果,何がどのように向上したか。あなたが考慮した既存の情報システムの制約とともに,800字以上1,600字以内で述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた業務の見直しに当たって,利用者や利用部門の理解・協力を得るために,あなたが特に重要と考えて工夫した点を,600字以上1,200字以内で述ベよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 情報システムの全面再構築ではなく,既存の情報システムの一部を改修したり,新たな機能を追加したりする情報システムの追加開発が実施される場合,追加開発に先立って業務を見直すことで,業務の効率や利用者の利便性などが向上することがある。
 本問は,情報システムの追加開発に当たって,既存の情報システムの制約を考慮しつつ,追加開発に先立って追加開発に先立って,どのような観点で業務を見直し,どのように業務の効率や利用者の利便性などが向上したか,さらに,利用者や利用部門の理解・協力を得るために,どのようなことを重要と考え工夫したかについて,具体的に論述することを求めている。論述を通じて,ITストラテジストに必要な分析力・企画力・洞察力洞察力・行動力などを評価する。

採点講評

 問2(情報システムの追加開発における業務の見直しについて)では,業務の見直しの内容の論述に終始して,業務の見直しの観点が論述されていないものや,システムの機能改善や処理改善の論述に終始したものが少なくなかった。また,新業務の定着を図る場面での利用者や利用部門の理解・協力を得るための工夫ではなく,要件定義段階や導入教育などでの工夫を論述したものも見られた。さらに“論述の対象とする構想,計画又はシステムなどの概要”に記載した事項と実際に論述している内容に違いがあるものも散見された。