技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H23秋 午後Ⅱ 問1

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

情報通信技術を活用した非定型業務の改革について

 事業方針・戦略を策定したり,次期の新製品・サービスの機能・性能を決定したりする非定型業務では,直面している問題の解決手順,共通の判断基準が定められていないことが多い。
 非定型業務を改革するに当たっては,まず,例えば,次のような改革目標を設定する必要がある。

  • 業務処理の生産性を劇的に向上させる。
  • 問題解決の飛躍的なスピードアップを図る。

 そして,顧客の視点から業務仕分けをすることによって,担当者が有用な業務に専念できるようにする。また,組織内外から問題解決に関して知見のある人材を探し出したり,問題解決に向けた協働作業を行えるようにしたり,情報の収集・共有・分析を行って問題解決を図れるようにしたりすることが重要である。
 非定型業務の改革目標を達成するためには,情報通信技術の活用を検討し,必要なツールなどの導入を図ることが重要である。情報通信技術を活用したものには,スマートフォン,タブレット型PC,Wiki,SNS,Web会議システム,BI,ビジネスアナリティクス,検索エンジンなどがある。
 また,改革目標を達成するためには,次のような工夫も重要である。

  • 組織の役割や構成を見直したり,コミュニティを活用したりする。
  • これまでのワークスタイルを見直す。

 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが改革に携わった非定型業務について,事業の概要,業務の内容・特性,及び改革が必要となった背景を,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた非定型業務において,どのような改革目標を設定し,どのような改革をしたか,活用した情報通信技術とともに,800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた改革目標を達成するために,あなたが特に重要と考え,工夫した点は何か。また,それらを実施した上で,更に改善できると考えた事項は何か600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 出題趣旨非定型業務には,直面している問題を解決するための判断基準や手順が定められていない中で,速やかな判断を求められる業務がある。ITストラテジストには,情報通信技術を活用して,非定型業務の改革の計画・提案を行い,改革を推進することが求められる。
 本問は,非定型業務の抜本的な生産性向上,現状打破のために,情報通信技術を活用した業務改革をどのように実現したかについて,具体的に論述することを求めている。論述を通じて,ITストラテジストに必要な業務改革の企画力,洞察力,統率力などを評価する。

採点講評

 全問に共通して,ITストラテジストとしての経験と考えに基づいて,設問の趣旨に沿って論述することが重要である。設問の趣旨から外れた論述や具体性に乏しい論述は,評価が低くなってしまうので,是非,留意してもらいたい。
 問1(情報通信技術を活用した非定型業務の改革について)では,意思決定を支援するために基幹情報システムから提供されるデータを分析活用する事例を論述したものが非常に多かった。事業方針・戦略策定などの非定型業務を中心的な対象範囲とする先進的な情報通信技術を活用したワークスタイル改革まで論述できていたものは少なかった。