技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H23秋 午後Ⅱ 問2

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

事業の急激な変化に対応するためのシステム選定方針の策定について

 企業は昨今,新規顧客を開拓するための新サービスの早期立上げ,競合他社に対する優位性を確保するための販売チャネルの急拡大や新製品の短期投入などへの対応に直面している。このような急激な変化に対し,開発期間の短縮,投資額の制限,開発要員の限定などの強い制約条件の下で,システムを更改したり,新規に構築したりする場合がある。
 この場合,ITストラテジストは,まず,システムで実現しなければならない機能・性能・運用などの要件を整理する。次に,強い制約条件を考慮して,新業務プロセスアプリケーションシステム,IT基盤などについて,例えば,次のようなシステム選定方針を策定する。

  • 既存のIT基盤で稼働しているソフトウェアパッケージ,アプリケーションシステムを利用し,新業務プロセスを既存の業務プロセスに合わせる。
  • 最適なクラウドコンピューティングサービスを選択し,利用する。
  • 新業務プロセス,アプリケーションシステム,IT基盤などをアウトソーシングする。

 強い制約条件の下でシステムを稼働させ,業務が行えなければならないので,システム選定方針の策定に当たっては,次のことが重要である。

  • 新システムで対応できない業務プロセスの実現方法の確立
  • 新システムを使いこなすためのチェンジマネジメントの計画
  • クラウドコンピューティングサービス,アウトソーシングサービスなどの詳細な調查・比較

 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 事業の急激な変化に対応するためのシステム選定方針の策定に当たって,事業の急激な変化とあなたが考慮した強い制約条件は何か,事業の特性とともに,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた強い制約条件を考慮した上で,あなたが策定したシステム選定方針及び策定した理由を,システムで実現すべき要件とともに,800字以上1,600 字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べたシステム選定方針の策定に当たって,あなたが特に重要と考えて計画したこと,調査・比較をしたことは何か。また,それらを実施した上で, 更に改善できると考えた事項は何か。600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 出題趣旨事業の急激な変化にシステムを対応させなければならない場合,投資額が限られていたり,システム稼働時期を厳守しなければならなかったり,システム開発要員が限られていたりするなど,強い制約条件が存在することが多い。
 本問は,事業の急激な変化と強い制約条件を考慮した上で策定したシステム選定方針とその理由,また,特に重要と考えて計画したことについて,具体的に論述することを求めている。論述を通じて,ITストラテジストに必要な企画力・洞察力・行動力などを評価する。

採点講評

 問2(事業の急激な変化に対応するためのシステム選定方針の策定について)では,システム選定方針はおおむね論述されていたが,事業の急激な変化に基づく強い制約条件との関係付けが曖昧なものやシステム選定方針を策定した理由の論述に具体性が乏しいものが散見された。また,システム選定方針ではなく,個別システム開発の方針に終始した論述も見られた。