読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H24秋 午後Ⅱ 問2

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

事業継続計画の策定について

 東日本大震災をはじめ,国内外で発生した災害・事故では,事業継続計画の重要性を 再認識させられた。また,既に事業継続計画を策定していても,災害・事故の直接・間接の影響を受けて,計画の見直しを余儀なくされた企業・組織も多い。
  ITストラテジストは,全体システム化計画の策定の中で,事業についての社会的責任。事業活動の特性,事業を支える情報システムの利用実態などを的確に捉え,事業部門と共同で事業継続計画を策定しなければならない。事業継続計画には,基本方針,想定リスク,事業継続対象の範囲,目標復旧期間,実行体制などの項目が盛り込まれる。事業継続計画の策定においては,例えば,次のような点に着目して検討する必要がある。

  • 情報システムのハードウェア,ソフトウェア,データ,ネットワーク,ファシリティなどの管理実態を把握した上で,そこに存在する問題点を明確にする。
  • 明確化された問題点に対応するための事前対策を整理し,初期コストと運用費用を見積もり,対策のための投資の是非について,事業部門と協議する。必要に応じて,情報システムに関する基本的な考え方,構成の変更など,抜本的な対策についても検討する。
  • 事業部門,情報システム部門だけでなく,人事,総務などの間接部門を含めた全社的な人的リソース・スキルを把握し,災害・事故発生時の事後対策実行体制を確立するためのアクションプランを作成する。

 事業継続計画の策定では,計画の実効性を高めることも重要である。そのために,情報システムの変更などに伴う計画内容の定期的な見直し,関連外部機関との相互支援体制の準備,計画に基づく教育・訓練の実施などについても,あらかじめ検討しておく必要がある。
 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが携わった事業継続計画の策定において捉えた。事業についての社会的責任,事業活動の特性,事業を支える情報システムの利用実態の概要を,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた事業についての社会的責任,事業活動の特性,事業を支える情報システムの利用実態について,どのような点に着目して事業継続計画を検討し,策定し たか。策定した事業継続計画の概要とともに,800字以上1,600字以内で具体的に述ベよ。

設問ウ

 設問イで述べた事業継続計画の実効性を高めるために,工夫した点は何か。更に 改善する余地があると考えている項目を含めて,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 出題趣旨近年,企業・組織では,事業継続計画の重要性が再認識されている。本問は,ITストラテジストが,全体システム化計画策定の中で行う事業継続計画の策定について,事業の社会的責任や事業活動の特性,情報システムの利用実態などを捉えた上で,現状の問題点,事前対策投資,事後対策実行体制などを,どのように検討し,事業継続計画を策定したかについて,具体的に論述することを求めている。
 本問では,論述を通じて,ITストラテジストに必要な事業継続計画を策定する能力・分析力・企画力・調整力・行動力などを評価する。

採点講評

 問2(事業継続計画の策定について)では,事業継続計画の策定に際して,着目して検討した内容は,おおむね論述されていた。しかし,事業継続計画策定の一部にだけ関与した受験者は,計画の全体像が分かる概要の論述が不足していた。また,事業継続計画の策定内容としているものの,システム改善,システム再構築などの内容に終始している論述も見られた。