技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H24秋 午後Ⅱ 問3

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

技術動向の分析に基づいた組込みシステムの企画について

 組込みシステムのITストラテジストには,新たな組込みシステムの企画・開発計画。又は既存の組込みシステムの高機能化・多機能化のための企画・開発計画を策定し,推進することが求められている。付加価値及び競争力をもった組込みシステムの企画・開発をするためには,関連する技術動向の分析が重要であり,組込みシステムのITストラテジストには,的確で高い分析能力が求められる。
 組込みシステムに関連する技術は,通信,情報,アーキテクチャ,ユーザインタフェース,ストレージ,半導体,計測,制御,プラットフォームなど多岐にわたっている。これらの技術動向の分析によって,開発対象の組込みシステムの付加価値及び競争力を高められる有用な技術を見極め,導入の適否を判断する。このとき,市場参入時期,開発スケジュール,開発コスト,検証容易性,保守容易性,製品の安全性,知的財産,国際標準,法令などについても考慮する必要がある。
 例えば,無線通信と制御 LSIの技術動向の分析結果から,開発が困難と考えていた省電力かつ低価格な組込みシステムの実現が可能になる場合もある。また,半年後に制定される見込みの国際標準にいち早く対応して開発すれば,市場競争力を高められる可能性もある。さらに,自社にない技術を外部から導入することによって,開発費を低減でき,開発期間短縮も期待できる。ただし,外部から技術を導入するときは,知的財産など,考慮すべき点が多い。
 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが技術動向の分析に基づいて企画した組込みシステムの性能,機能などの概要と,企画の背景及び目的について,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた組込みシステムの企画に際して,どのような技術動向の分析を行ったか。また,分析の結果によって,付加価値及び競争力を高めるために取捨選択した技術は何か,800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた技術動向の分析及び技術の取捨選択は,適切であったか。また,市場からはどのように評価されたか。更に改善する余地があると考えている事項も含め,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 出題趣旨組込みシステムのITストラテジストには,対象となる製品分野に関連する技術動向を踏まえて製品開発戦略を策定する能力が求められている。
 本問は,付加価値及び競争力をもった組込みシステムの企画・開発を行うために,開発する製品に対する技術動向の分析とその導入戦略,及び戦略の妥当性の評価について,具体的に論述することを求めている。
 本問では,論述を通じて,組込みシステムのITストラテジストに必要な技術動向の分析能力,技術戦略の策定能力,評価能力などを評価する。

採点講評

 問3(技術動向の分析に基づいた組込みシステムの企画について)では,おおむね,設問の趣旨を理解し,ITストラテジストとしての視点から論述されていた。具体的な分析手法,技術的知見に基づく主張,技術戦略に対する客観的,多面的な評価などを論述して,高い能力を示すものが多くあった。一方,市場動向や,要求されている機能の分析,製品の競争力について論述するだけで,技術動向については述べていないなど,題意と異なる論述も見受けられた。