読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H25秋 午後Ⅱ 問2

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

新たな収益源の獲得又は売上拡大を実現するビジネスモデルの立案について

 インターネットなど情報通信技術の普及・発展によって,新たな収益源の獲得又は売上拡大を実現するビジネスモデルの構築が可能になってきた。企業は,提供する商品・サービス,顧客との接点及び新規事業機会の創出に情報通信技術を適用することによって,新たな収益源の獲得又は売上拡大を実現することができる。例えば,次に挙げるような新しい概念の商品・サービス,顧客及びマーケットを対象としたビジネスモデルを立案することができる。

  • 商品を販売する事業ではなく,情報通信機能と組み合わせることによって,商品を使ったサービスの利用環境を提供するビジネスモデル
  • インターネットを利用したシステムを導入することによって,個々の顧客に対して,商品・サービスを直接提供するビジネスモデル
  • GPSや無線LAN通信技術を適用することによって顧客の行動,所在などの情報をタイムリに収集して,新たな商品・サービスの提供機会を創出するビジネスモデル

 ITストラテジストに求められるのは,このようなビジネスモデルの立案において,ビジネスプロセスが技術的に実現可能であること,顧客・仕入先などの関係者から受け入れられること,投資対効果を確保できることなどの確認・検証を行い,その結果を経営者に提案することである。
 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが立案に携わった,新たな収益源の獲得又は売上拡大を実現するビジネスモデルについて,経営上の課題,目標及び立案することになった背景を,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた経営上の課題,目標に向けて,どのようなビジネスモデルを立案したか。対象とした商品・サービス,顧客及びマーケットを明確にして,適用した情報通信技術を含めて,800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べたビジネスモデルの立案において,どのようなことの確認・検証を行い,その結果についてどのように経営者に提案したか。提案に対する経営者からの評価を含めて,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 出題趣旨インターネットなど情報通信技術の普及・発展によって,新たな収益源の獲得又は売上拡大を実現するビジネスモデルの構築が可能になってきた。従来は対象外だと思われていた事業へのIT融合を図ることが重要である。
 本問は,新たな収益源の獲得又は売上拡大を図るために,事業を再定義すること,情報通信技術を企業の提供する商品自身,顧客とのコンタクト及び事業の機会獲得に適用することによって,どのようなビジネスモデルを立案したかを具体的に論述することを求めている。
 本問では,論述を通じて,ITストラテジストに必要なビジネスモデルの検討,立案,関係者への説明などの企画力を評価する。

採点講評

 問2(新たな収益源の獲得又は売上拡大を実現するビジネスモデルの立案について)では,新たな商品・サビス提供へのIT融合,新たな顧客とのコンタクトのためのIT融合,新たな事業機会獲得のためのIT融合に関わった経験のある受験者には論述しやすかったと思われる。しかし,顧客のニーズの分析・確認・検証など顧客の視点が無く,単なるシステム導入検討の記述や,コスト削減のためのシステム導入検討の論述も散見された。