読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H26秋 午後Ⅱ 問1

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

ITを活用した業務改革について

 近年は,ITの進展によって,事業課題に対してITを積極的に活用し,新たな事業・サービスを展開することが可能になっている。このような中,ITストラテジストは事業部門と協力して,ITを活用した業務改革を実施することによって,事業・サービスの優位性確保,新規顧客の獲得などの事業課題に対応することが求められている。
 ITを活用した業務改革には,例えば,次のようなものがある。

  • 外勤業務サービスの差別化のために,営業員。サービス員にタブレット端末などのスマートデバイスを配備し,業務進歩状況の迅速な確認,顧客別情報の適時適切な提供などの業務改革を行い,顧客対応時間の増加,顧客サービスの強化を推進する。
  • 店舗の売上げ拡大のために,内部のPOS情報,外部のSNS・ブログの情報を活用した顧客の購買傾向の分析と的確な品ぞろえ,対象を絞り込んだ顧客への情報発信などの業務改革を行い,販売機会の創出,顧客の囲い込みを推進する。
  • 物流サービスの優位性確保のために,配送車両に GPS端末と各種センサを配備し,位置確認,道路情報に基づく配送経路の柔軟な変更,顧客への的確な情報提供などの業務改革を行い,顧客満足度の向上,物流サービスの品質向上を推進する。

 ITストラテジストは,ITを活用した業務改革を実施する際,事業課題に関連する業務の現状と将来見通し,複数の改革案と各案の効果の比較,活用するITの費用などを検討し,定量的な費用対効果の根拠を示して経営者に説明することが重要である。
 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが携わった,ITを活用した業務改革について,業務改革の背景にある事業課題を,事業の概要,特性とともに,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた事業課題に対応するために,実施した業務改革とそのときに活用したIT,及び費用対効果の定量的な根拠とそのときに検討した内容について,800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた業務改革の実施結果は,経営者にどのように評価されたか。更に改善する余地があると考えている事項を含めて,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 出題趣旨近年は,ITの進展によって,事業課題に対してITを積極的に活用し,新たな事業・サービスを展開することが可能になっている。このような中,ITストラテジストは,事業部門と協力して,ITを活用した業務改革を実施することによって,事業・サービスの優位性確保,新規顧客の獲得などの事業課題に対応することが求められている
 本問は,ITストラテジストが実施した事業課題に対応するための業務改革とそのときに活用したIT,及び費用対効果の定量的な根拠とそのときに検討した項目を具体的に論述することを求めている。
 本問では,論述を通じて,ITストラテジストに必要な分析力・企画力・洞察力・行動力などを評価する。

採点講評

 全問に共通して,ITストラテジストの経験と考えに基づいて,設問の趣旨を踏まえて論述することが重要である。設問の趣旨から外れた論述や具体性に乏しい論述は,評価が低くなってしまうので,是非,留意してもらいたい。
 問1(ITを活用した業務改革について)では,事業課題を明確に認識した上で,この課題に対応するために費用対効果の定量的な根拠を検討し,適切なITを選択・活用した業務改革を行った経験がある受験者は,論述しやすかったと思われる。一方,業務改革でなく,業務上の問題点の改善,システムの改善に終始した論述,費用対効果の定量的な根拠を具体的に説明できていない論述が散見された。