技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H26秋 午後Ⅱ 問2

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

情報システム基盤構成方針の策定の一環として行うクラウドコンピューティング導入方針の策定について

 昨今,急激に変化している事業環境において,企業が競争に勝ち抜くためには,変化に俊敏かつ柔軟に対応できる情報システムが求められている。その一方で,情報システムは肥大化・複雑化しており,開発コスト・運用コストの削減が求められている。このような課題に取り組むために,短期間の導入,初期導入コストの削減。処理量の変動に対する柔軟性などを期待して,情報システム基盤構成方針の策定の一環としてクラウドコンピューティング導入方針を策定する企業が増えている。
 クラウドコンピューティング導入方針の策定に当たっては,全体システム化計画との整合性に留意し,例えば次のような検討をすることが重要である。

  • クラウドコンピューティングの情報システム基盤とそれ以外の情報システム基盤が混在する場合,基盤間の整合性,事業展開への対応の俊敏性,柔軟性に問題はないか。
  • クラウドコンピューティングを長期間利用したり,自社運用型情報システムと連携したりする場合,TCOは想定の範囲内か。
  • サービスを外部に委託する場合,利用部門の要望を達成できるサービスレベル,情報セキュリティ対策などを提供できるサービスプロバイダが存在するか。

 このような検討を踏まえ,ITストラテジストは,クラウドコンピューティング導入方針を明確にする。また,クラウドコンピューティング導入方針の有効性,期待効果などを経営者に説明し,経営者から承認を得なければならない。
 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが携わった,情報システム基盤構成方針の策定の一環として行うクラウドコンピューティング導入方針の策定について,情報システムの課題とクラウドコンピューティング導入の背景を,事業環境,事業特性とともに,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた課題への取組みとして,どのようなクラウドコンピューティング導入方針を策定したか。特に重要と考えて検討したことを明確にして,800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた導入方針について,経営者にどのように説明し,承認を得たか。経営者の評価,更に改善する余地があると考えている事項を含めて,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 出題趣旨俊敏かつ柔軟な情報システムの実現,情報システムの開発・運用のコスト削減などの課題に取り組むために,情報システム基盤構成方針の一環としてクラウドコンピューティングの導入方針を策定し,その利点を生かす企業が増えている。導入方針の策定に当たっては,情報システムの全体を俯瞰し,長期的,総合的な観点にたって検討しなければならない。
 本問は,情報システム基盤構成方針の一環としてのクラウドコンピューティングの導入方針の策定に当たって,ITストラテジストが特に重要と考えたこと,策定した導入方針について具体的に論述することを求めている。
 本問では,論述を通じて,ITストラテジストに必要な構想力・企画力・問題発見力などを評価する。

採点講評

 問2(情報システム基盤構成方針の策定の一環として行うクラウドコンピューティング導入方針の策定について)では,クラウドコンピューティングの導入計画立案に関わった経験のある受験者には論述しやすかったと思われる。しかし,個別システムのクラウドコンピューティング導入方針の論述に終始し,全体システム化計画との整合性,情報システム基盤構成方針との関係性が明確でないものも散見された。