読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H26秋 午後Ⅱ 問3

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

組込みシステムの非機能要件について

 組込みシステムのITストラテジストには,組込みシステムの企画を推進するために,要求事項を取りまとめる能力が求められる。その際に,機能要件だけを重視すると,企画した製品に想定外の問題が発生し,解決のために新たなコストが必要となるなど,経営そのものに大きな影響を与える場合がある。さらに,機能要件以外に性能,品質などの非機能要件を明確にすることは,製品戦略的にも他社との差別化及び優位性の確保につながるので重要である。
 組込みシステムの主な非機能要件を次に示す。

  • システムの信頼性・可用性・保全性・安全性
  • システムの性能及びスループット・速度などの時間効率性
  • 情報の機密性を含めたセキュリティ
  • 操作・習得の容易さなどに関する使用性
  • 発熱,騒音,CO2排出量,消費エネルギーなどの環境リスクの緩和性
  • 製品の長期安定供給の保証

 組込みシステムのITストラテジストは,システムアーキテクト,エンベデッドシステムスペシャリスト,マーケティング部門,調達部門などに非機能要件の洗い出しを依頼する。その際に,洗い出した非機能要件を達成するために必要な,知的財産権,コストなども報告を受ける。次に各担当・各部門から提示された非機能要件は,内容を分析・評価し,その評価結果から製品戦略にどのように適用すべきかを検討する。
 非機能要件は,製品戦略的にも他社との差別化,自社の強みに寄与することになる。
 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが非機能要件の分析を重要と考えた組込みシステムの概要と,その背景・技術的な特徴について,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた組込みシステムにおける非機能要件の洗い出しに当たり,どのような観点で担当・部門を決定し依頼したか。各担当・各部門から報告された内容,分析・評価結果とともに,800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた非機能要件の評価結果及び製品戦略に適用したことの妥当性 を,リリース後の売上実績,市場の反響などを含めて,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 出題趣旨組込みシステムのITストラテジストは,企画を推進するために,要求事項をとりまとめる能力が求められている。その際に,機能要件以外にも性能,品質などの非機能要件を明確にする能力が必要である。
 本問は,付加価値及び競争力をもった組込みシステムの企画・開発を行うために,各担当部門に開発する製品に対する非機能要件の洗い出しの依頼と調整,依頼した内容の妥当性の評価とどのように適用したかについて具体的に論述することを求めている。
 本問では,論述を通じて組込みシステムのITストラテジストに必要な非機能要件をとりまとめる能力,調整能力,評価能力などを評価する。

採点講評

 問3(組込みシステムの非機能要件について)では,自社製品開発時に非機能要件に配慮し,製品戦略への適用や実施過程に対する総括的な評価を行った経験のある受験者は,論述しやすかったと思われる。一方で,製品における非機能要件の位置づけが不十分な論述や,各部門へ依頼した際の観点について不十分な内容の論述も散見された。