読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H27秋 午後Ⅱ 問3

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

多様な顧客要求に応えられる組込みシステムの製品企画について

 組込みシステム製品 (以下,製品という)には,多様な顧客要求に応えることが求められ,要求自体もますます複雑化する傾向にある。その一方で,競合他社との価格競争力に加えて,品質向上,高信頼性,短納期化なども必要とされる。組込みシステムのITストラテジストには,そのような潮流に柔軟に対応し,受注に結び付けられる製品を企画することが求められている。そのためには,まず,市場調査,技術動向調査などを実施し,多様な顧客要求及び製品化に伴う課題について検討する。次にその結果を基に,課題に対する施策の提案を関連部署に依頼する。その後,提案された施策について,関連部署と協議し,製品企画を立案する。その際,初期投資予算,自社の強み,保有技術,体制,リリース時期,施策の優先順位などを考慮する必要がある。例えば,システムアーキテクト,エンベデッドシステムスペシャリストなどに対して,開発の効率向上などの施策の提案を依頼した場合,提案される施策としては次のような項目が想定される。

  • 共通部の洗い出しによるプラットフォームの採用などの標準化の提案
  • 市場調査,技術動向調査を基にしたオプションの用意,機能のカスタマイズの提案
  • モジュール,ライブラリなどの資産の再利用による設計効率向上の提案

 組込みシステムのITストラテジストは,提案された施策の妥当性を精査し,関連部署と協議しながら製品企画を立案し,施策の効果を製品リリース後に評価することが重要である。
 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが携わった,多様な顧客要求に応えられる製品企画の概要について,製品企画に至った経緯,市場調査,技術動向調査などの結果を含め,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた製品企画において検討した,多様な顧客要求と製品化に伴う課題の内容,それに対する関連部署から提案された施策の内容,及び関連部署と協議して立案した製品企画の内容と立案が決定に至った根拠を,800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた,関連部署から提案された施策の内容の妥当性,立案内容の評価,及び製品リリース後の施策の効果とその評価を,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 出題趣旨組込みシステム製品は,多様な顧客要求に対応することが求められる傾向にある。その一方で低コスト・短納期対応・品質向上などの要求もあり,ITストラテジストは,これら相反する要求をもくみ取りながら,製品を実現する製品企画を立案することが重要である。
 本問は,市場調査などから多様な顧客要求を分析し,課題に対する施策の提案を関連部署に依頼し,その結果を基にどのように新製品を企画したかについて具体的に論述することを求めている。論述を通じて,組込みシステムにおいてITストラテジストに必要な製品戦略を策定する能力,調整力,行動力,分析力などを評価する。

採点講評

 問3(多様な顧客要求に応えられる組込みシステムの製品企画について)では,市場調査などを実施し,それらを基に課題の抽出,課題に対する施策を協議し,製品を企画した一連のプロセスに対し,経験のある受験者は論述しやすかったと思われる。一方で,多様な顧客要求への対応ではなく製品自体の課題の抽出など題意から外れた論述も散見された。