技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H28秋 午後Ⅱ 問1

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

ビッグデータを活用した革新的な新サービスの提案について

 近年,今まではコンピュータで処理しにくかった膨大な情報であるビッグデータを活用し,革新的な新サービスを実現することによって,事業を優位に展開することが可能となってきた。
 例えば,センサと通信技術の向上によって収集できるようになったビッグデータを活用し,生産管理や物流管理を高度化する新サービスが実現されている。具体的には,製造分野では,生産設備の稼働情報と製品の品質情報との相関関係を分析し,生産設備の最適設定・予防保守などの新サービスを展開している。
 また,文章や画像,音声などの非構造化データの認識技術や処理方式の確立によつて,大量の文献や,消費者がSNS上で発信する情報,監視カメラ情報などのビッグデータを解析し,新サービスに活用し始めている。具体的には,医療分野では,多数の患者の電子カルテ,医療画像情報,投薬情報などを統計的に分析し,副作用が少ない処方築の作成という新サービスを行っている。
 ITストラテジストは,事業を優位に展開するために,ビッグデータを活用した革新的な新サービスの提案を行うことが求められることがある。その際に,次のような事項について検討することが重要である。

  • 革新的な新サービスは,どのような顧客に,どのような状況で,どのような効果や効能を実現するのか。
  • 革新的な新サービスは,ビッグデータを活用することによって,どのように実現され,今までのサービスとどのように違うのか。

 さらに,ビッグデータを活用した革新的な新サービスを,マネジメント層に提案して承認を得る必要がある。
 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが携わった,ビッグデータを活用した革新的な新サービスの提案の背景にある事業環境,事業概要について,事業特性とともに,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた事業を優位に展開するためのビッグデータを活用した革新的な新サービスは何か。顧客や状況,効果や効能,実現方法,今までのサービスとの違いを明確にして,800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた,ビッグデータを活用した革新的な新サービスを,マネジメント層にどのように提案し,どのように評価されたか。改善の余地があると考えている事項を含めて,600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 近年,ビッグデータを活用し,革新的な新サービスを実現することで事業を優位に展開することが求められるようになってきている。
 本問は,事業を優位に展開するための,ビッグデータを活用した革新的な新サービスについて,新サービスが実現する効果や効能と,ビッグデータの活用によって,今までのサービスとどのように違うのかなどについて,具体的に論述することを求めている。論述を通じて,ITストラテジストに必要な構想力,企画力,説明力などを評価する。

採点講評

 全問に共通して,“論述の対象とする構想,計画策定,システム開発などの概要”又は“論述の対象とする製品又はシステムの概要”が適切に記述されていないものが目立った。これらは論述の一部であり,評価の対象となるので,矛盾なく適切な記述を心掛けてほしい。また,解答字数の不足した答案が目立った。
 ITストラテジストの経験と考えに基づいて,設問の趣旨を踏まえて論述することが重要である。問題文及び設問の趣旨から外れた論述や具体性に乏しい論述は,評価が低くなってしまうので,是非,留意してもらいたい。
 問1(ビッグデータを活用した革新的な新サービスの提案について)では,事業を優位に展開するために,ビッグデータを活用して革新的な新サービスを提案した経験がある受験者には,論述しやすかったと思われる。一方で,活用したビッグデータが明確に定義されていない,革新的なサービスの実現方法について具体的な記述が少ないなど実現可能な提案と評価できない論述が散見された。