技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H28秋 午後Ⅱ 問2

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

IT導入の企画における業務分析について

 事業全体の業務の効率向上・スピードアップ,新規事業による売上拡大などの事業目標の達成に向けて,ITストラテジストが事業部門とともに業務分析を行い,真の問題を発見してその原因を究明し,問題の解決策としてIT導入を企画することが増えている。特に,経営の要求に適時適切に応えられないIT,標準化されていないITなどが業務のボトルネックになっていたり,モバイルコンピューテイングIoTなどの新しいITの活用によって業務改革,新規事業が実現できたりする場合,ITストラテジストへの期待は大きい。
 業務分析では,事業目標を理解し,まず,業務内容,業務プロセス,IT活用などの現状を調査して問題を発見する。次に,個々の問題を関連付けたり,顕在化していない問題を探ったり,経営の視点で業務全体をふかんしたりして真の問題を発見し,その原因を究明する。この過程では,例えば次のようなことが重要である。

  • 業務フロー,業務機能関連図などを作成して業務を可視化する。
  • MECE(Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive),バリューチェーン分析などの手法を利用して全体を網羅する。
  • ベンチマーク,他社の成功事例などと客観的に比較検討する。

 問題の解決策の策定では,ITストラテジストはIT導入を企画し,適用するITの機能,性能を明確にすることが必要である。その上で,投資規模,ITの導入範囲などを検討し,事業部門に対してIT導入の投資効果を説明する必要がある。
 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが携わった,事業目標の達成に向けたIT導入の企画における業務分析について,事業目標の概要,業務分析が必要になった背景を事業特性とともに,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた業務分析において,どのような手段,工夫で真の問題を発見し,その原因を究明したか。また,問題の解決策としてどのような機能,性能のIT導入を企画したか。800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べたIT導入について,その投資効果をどのように事業部門に説明したか。また,今後,改善すべきことは何か。600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 ITストラテジストは,事業目標達成のためのIT企画を行うとき,事業部門とともに業務分析を行い,真の問題を発見してその原因を究明し,問題の解決策としてIT導入を企画することがある。
 本問は,どのような業務分析を行い,どのように真の問題を発見し,その原因を究明したか,また,問題の解決策としてどのような機能,性能のIT導入を企画したかを具体的に論述することを求めている。論述を通じて,ITストラテジストに必要な問題分析力,IT企画力,構想力,コミュニケーション能力などを評価する。

採点講評

 問2(IT導入の企画における業務分析について)では,業務分析において,業務内容,業務プロセス,IT活用に関する問題を発見し,その原因を究明して問題の解決策を策定した経験がある受験者には論述しやすかったと思われる。一方で,問題の原因を究明せず,問題とその解決策だけの論述も散見された。