技術士の技事録

新米技術士が、IT技術動向・高度資格試験対策等、現役SE向け情報を発信します。

ST H28秋 午後Ⅱ 問3

◀️ 前へ解答例へ次へ ▶️

IoTに対応する組込みシステムの製品企画戦略について

 既存の組込みシステムは,特定の領域・環境などを前提としたスタンドアロン型が主流であった。しかし,近年はインターネットの普及に伴い,監視・制御などにInternet of Things(IoT)の活用が進むことによって,組込みシステムの利用が拡大してきている。このような潮流の中で,組込みシステムのITストラテジストには,IoTに対応する組込みシステムの製品企画が求められている。
 既存システムを基にして,IoTを活用したシステムを企画する際には,IoTへの対応によって外部との情報のやり取りが可能となるので,情報の利活用によるサービスデータ解析などによる新たな価値の創造などについて調査する。その調査結果を基に分析した後,関連部署と協議して,既存システムの中からIoTを活用すべきシステムを選択し,製品企画を立案する。
 一方,新分野,新市場への参入を目指して,IoTを実現する統合システムを企画する際には,情報を利活用したソリューションに携わっている。エンタープライズ系のITストラテジストとの連携が考えられる。その際に必要なのは,組込みシステムの特徴が生かされた製品企画か否かを双方で十分に検討すること,技術的な内容を共有すること,及び役割分担を明確にすることである。さらに,要件によっては,新たな機能を追加して柔軟に対応しながら参入しやすい製品企画を立案する。
 あなたの経験と考えに基づいて,設問ア〜ウに従って論述せよ。

設問ア

 あなたが携わった,IoTに対応する組込みシステムの製品企画の概要と企画に至った経緯,及び既存システムの市場,新分野,新市場のそれぞれの内容と特徴を,800字以内で述べよ。

設問イ

 設問アで述べた製品企画において,既存システムを基にして,IoTの活用によるシステムを企画した場合は,どのような観点・手順で選択し,新たな価値を付加したか。また,IoTを実現する統合システムを企画した場合は,組込み系・エンタープライズ系の双方で検討すべき役割分担・立案の内容,及び配慮すべきと考えた事柄とその理由は何か。そのいずれかについて800字以上1,600字以内で具体的に述べよ。

設問ウ

 設問イで述べた既存システムの選択,又は統合システムの企画に対してどのように評価したか。また,そのシステムは,今後どのように改善又は,発展させるベきか。600字以上1,200字以内で具体的に述べよ。

 

IPA公開情報

出題趣旨

 近年,組込みシステムのITストラテジストには,IoTの活用の拡大に対応した製品を企画することが求められている。
 本問は,IoTの活用に対応するための,サービス及び新たな価値創造の分析,統合システムを立案する際の分担,技術的な内容の共有,新機能の追加などをどのように考えたかを具体的に論述することを求めている。論述を通じて,組込みシステムのITストラテジストに必要な製品戦略を策定する能力,調整力,分析力,行動力などを評価する。

採点講評

 問3(IoTに対応する組込みシステムの製品企画戦略について)では,既存システムを基にしてIoTの活用によるシステムの企画,又はエンタープライズ系のITストラテジストと連携してIoTを実現する統合システムの企画について論述を求めた。IoTに関連しない製品企画を題材として,内容の不十分な論述,また既存システムに関する内容と統合システムに関する内容を両方混在させただけの論述が散見された。