技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

2011-10-16から1日間の記事一覧

SA H23秋 午後Ⅱ 問2

◀️ 前へ|解答例へ|次へ ▶️ システムテスト計画の策定について システムアーキテクトは,システムテストの直前だけではなく,様々な局面でシステムテスト計画についての検討を求められる。その計画の策定において,対象業務の重要度や業務特性を考慮しなが…

SA H23秋 午後Ⅱ 問1

◀️ 前へ|解答例へ|次へ ▶️ 複数のシステムにまたがったシステム構造の見直しについて 近年,情報システムへの要求は,事業統合に伴う業務システムの統合や,事業を横断した顧客動向の把握など,複数のシステムに関連するものが増える傾向にある。それらの…

SM H23秋 午後Ⅱ 問3

◀️ 前へ|解答例へ|次へ ▶️ ITサービスの改善活動について ITサービスの現場では,サービスに影響を及ぼす重大な障害やサービスに直接影響を及ぼさない軽微なミスが発生したり,他方では,サービスに対して顧客から高い評価を受けたりするなど,様々な事象…

SM H23秋 午後Ⅱ 問2

◀️ 前へ|解答例へ|次へ ▶️ キャパシティ管理について 応答時間,処理時間などのITサービスの状況や,CPU使用率,ストレージ使用量などのITリソースの状況を常時監視し,現在及び将来のキャパシティに関する様々な問題に対して迅速かつ適切に対応することは…

SM H23秋 午後Ⅱ 問1

◀️ 前へ|解答例へ|次へ ▶️ ITサービスに関する顧客への報告について ITサービスの提供において,顧客に対してサービスの状況を定期的に報告することは,ITサービスマネージャの重要な業務である。報告に当たっては,顧客の立場にたち,必要とされる適切な…

ST H23秋 午前Ⅱ 問25

◀️ 前へ|次へ ▶️ 国税関係帳簿を磁気媒体で保存する場合,法律で規定されているものはどれか。 あらかじめ所轄の税務署長の承認が必要となる。 定められた性能の媒体を用いなければならない。 電子取引に関する記録に限って許可されている。 バックアップと…

ST H23秋 午前Ⅱ 問24

◀️ 前へ|次へ ▶️ キャッシュフロー計算書における,営業活動によるキャッシュフローは何万円か。 14 74 98 158 // 答え ウ 解説 XXX 14XXX 74XXX 98XXX 158XXX

ST H23秋 午前Ⅱ 問23

◀️ 前へ|次へ ▶️ ABC(活動基準原価計算)の考え方を説明したものはどれか。 ABM(活動基準管理)を行って正確な原価を把握した上で,その原価を原価計算対象に割り当てることをいう。 活動分析によってプロセスの無駄(非付加価値活動)を明らかにしたうえ…

ST H23秋 午前Ⅱ 問22

◀️ 前へ|次へ ▶️ 製品X及びYを生産するために2種類の原料A,Bが必要である。製品1個の生産に必要となる原料の量と調達可能量は表に示すとおりである。製品XとYの販売1個当たりの利益が,それぞれ100円,150円であるとき,最大利益は何円か。 5,000 6,000 7,…

ST H23秋 午前Ⅱ 問21

◀️ 前へ|次へ ▶️ c管理図で管理する対象はどれか。 サンプル数が一定のロットにおける不適合率 サンプル数が異なるロットにおける不適合率 製品の単位当たりの不適合率 面積や長さなど,大きさが一定の製品に検出される不適合率 // 答え エ 解説 XXX サンプ…

ST H23秋 午前Ⅱ 問20

◀️ 前へ|次へ ▶️ e-ビジネス分野で提唱されているロングテールの考え方を説明したものはどれか。 売れ筋商品に絞り込んで販売するのではなく,多品種少量販売によって大きな売上や利益を得ることができる。 業界標準を確立した製品・サービスは生産規模が2…

ST H23秋 午前Ⅱ 問19

◀️ 前へ|次へ ▶️ インターネットオークションにおいて,出品者と落札者の間で決済されるエスクローサービスはどれか。 決済に関する情報の利用に関して,第三者機関によって情報の保護基準が守られているかを監視する仕組みのこと 決済に関する電子メールな…

ST H23秋 午前Ⅱ 問18

◀️ 前へ|次へ ▶️ ある会社の生産計画部では,毎月25日に次の手続きで翌月の計画生産量を決定している。8月分の計画生産量を求める式はどれか。 〔手続〕 (1)当月末の予想在庫量を,前月末の実在庫量と当月の計画生産量と予想販売量から求める。 (2)当月…

ST H23秋 午前Ⅱ 問17

◀️ 前へ|次へ ▶️ 特許を分析して生まれた問題解決技法であり,問題(矛盾)を創造的・発明的に解決するための弁証法的な思考法を具体的な方法論にまとめたものはどれか。 QFD TRIZ シックスシグマ 親和図法 // 答え イ 解説 XXX QFDXXX TRIZXXX シックスシ…

ST H23秋 午前Ⅱ 問16

◀️ 前へ|次へ ▶️ SECIモデルにおける,内面化の説明はどれか。 新たに創造された知識を組織に広め,新たな暗黙知を習得すること 組織内の個人,小グループが有する暗黙知を形式知として明示化すること 組織内の個人,小グループで暗黙知の共有化や,新たな…

ST H23秋 午前Ⅱ 問15

◀️ 前へ|次へ ▶️ ファイブフォース分析において,企業の競争力に影響を与える五つの要因として,新規参入者の脅威,バイヤの交渉力,競争業者間の敵対関係,代替製品の脅威と,もう一つはどれか。 サプライヤの交渉力 自社製品の品質 消費者の購買力 政府の…

ST H23秋 午前Ⅱ 問14

◀️ 前へ|次へ ▶️ ある顧客層の今後3年間を通しての,年間顧客維持率が40%,1人当たり年平均売上高が200万円,売上高コスト比率が50%と想定される場合,今後3年間のLTV(顧客1人当たりの生涯価値)は何万円か。ここで,割引率は考慮しなくてもよいものとする…

ST H23秋 午前Ⅱ 問13

◀️ 前へ|次へ ▶️ 売り手側でのマーケティング要素4Pは,買い手側での要素4Cに対応するという考え方がある。4Pの一つであるプロモーションに対応する4Cの構成要素はどれか。 顧客価値(Customer Value) 顧客コスト(Customer Cost) コミュニケーション(Co…

ST H23秋 午前Ⅱ 問12

◀️ 前へ|次へ ▶️ 商品ブランド戦略の一つであるラインエクステンションを説明したものはどれか。 売上の伸びが鈍くなってきたときなどに,デザインや容量を変更した商品を導入し,ブランド力を高める戦略 関連分野において知名度の高い他社ブランドと提携し…

ST H23秋 午前Ⅱ 問11

◀️ 前へ|次へ ▶️ アンゾフの成長ベクトルにおいて,Bの戦略を表すものはどれか。 市場開発戦略 市場浸透戦略 製品開発戦略 多角化戦略 // 答え ウ 解説 XXX 市場開発戦略XXX 市場浸透戦略XXX 製品開発戦略XXX 多角化戦略XXX

ST H23秋 午前Ⅱ 問10

◀️ 前へ|次へ ▶️ ブルーオーシャン戦略を説明したものはどれか。 いまだかつてない価値を提供することで競争のない市場領域を切り開く。 競争優位を確立するために他社のどこよりも低いコストを実現する。 ベストプラクティスを取り入れることで品質向上や…

ST H23秋 午前Ⅱ 問9

◀️ 前へ|次へ ▶️ コアコンピタンスに該当するものはどれか。 主な事業ドメインの高い成長率 競合他社よりも効率性が高い生産システム 参入を予定している事業分野の競合状況 収益性が高い事業分野での市場シェア // 答え イ 解説 XXX 主な事業ドメインの高…

ST H23秋 午前Ⅱ 問8

◀️ 前へ|次へ ▶️ 企業戦略におけるTOBを説明したものはどれか。 価格と期間を広告し,不特定かつ多数の株主から株式を買い付けて,経営支配権を獲得する。 経営陣に属さない一般従業員が,自社の株式を買い取り,経営を引き継ぐ。 子会社や事業部門の経営陣…

ST H23秋 午前Ⅱ 問7

◀️ 前へ|次へ ▶️ PPMにおいて,投資用の資金源と位置付けられる事業はどれか。 市場成長力が高く,相対的市場占有率が高い事業 市場成長力が高く,相対的市場占有率が低い事業 市場成長力が低く,相対的市場占有率が高い事業 市場成長力が低く,相対的市場…

ST H23秋 午前Ⅱ 問6

◀️ 前へ|次へ ▶️ システムの機能要件を定義する上で,前提となる要件定義作業はどれか。 対象業務の業務モデルから業務機能を支援するシステム化機能を整理し,その実現のために必要なシステム方式を策定する。 対象業務の具体的な業務上の問題点を分析し,…

ST H23秋 午前Ⅱ 問5

◀️ 前へ|次へ ▶️ BABOKの説明はどれか。 ソフトウェア品質の基本概念,ソフトウェア品質マネジメント,ソフトウェア品質技術の三つのカテゴリからなる知識体系 ソフトウェア要求,ソフトウェア設計,ソフトウェア構築,ソフトウェアテスティング,ソフトウ…

ST H23秋 午前Ⅱ 問4

◀️ 前へ|次へ ▶️ 投資効果を現在価値法で評価するとき,最も投資効果の大きい(又は損失の小さい)シナリオはどれか。ここで,期間は3年間,割引率は5%とし,各シナリオのキャッシュフローは表のとおりとする。 A B C 投資をしない // 答え イ 解説 XXX AXX…

ST H23秋 午前Ⅱ 問3

◀️ 前へ|次へ ▶️ BI(Business Intelligence)を説明したものはどれか。 企業内外のデータを蓄積し,分類・加工・分析して活用することによって,企業の意思決定の迅速化を支援する手法 企業内の慣行などにとらわれず,業務プロセスを抜本的に再構築するこ…

ST H23秋 午前Ⅱ 問2

◀️ 前へ|次へ ▶️ エンタープライズアーキテクチャを説明したものはどれか。 今まで開発してきた業務システムをビジネス価値とソリューション品質の2軸で分析し,業務システムごとの改善の方向を決定する。 既存の業務と情報システムの全体像及び将来の目標…

ST H23秋 午前Ⅱ 問1

◀️ 前へ|次へ ▶️ 経済産業省が策定した“IT経営力指標”の説明はどれか。 IT化を推進するための原理原則を,システム開発の発注者の行動規範として17か条にまとめたもの ITの活用度合いを測る上で,IT活用による新ビジネスモデル創出力やIT基盤の構築度合いな…