技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

2016-05-15から1日間の記事一覧

技術士第一次試験適性科目 平成27年度 Ⅱ-15

問題 ワーク・ライフ・バランスは日本語では「仕事と生活の調和」と訳され,仕事と生活の調和推進官民トップ会議において平成19年12月に策定された「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」では,これが実現した社会の姿を次のように定義してい…

技術士第一次試験適性科目 平成27年度 Ⅱ-14

問題 文部科学省は,2013年に科学技術・学術審議会から「東日本大震災では,科学技術コミュニティから行政や社会に対し,その専門知を結集した科学的知見が適切に提供されなかったことや,行政や専門家が,社会に対して,これまで科学技術の限界や不確実性を…

技術士第一次試験適性科目 平成27年度 Ⅱ-13

問題 事業者にとって,消費者に安全な製品を供給することは重要な責務であるが,製品事故等の発生を完全にゼロにすることは極めて困難なため,事故の発生又は兆候を発見した段階で,適正な届出と回収・修理などのリコールを自主的に実施することが求められて…

技術士第一次試験適性科目 平成27年度 Ⅱ-12

問題 知的財産権の一種に,著作権がある。著作権については著作権法が定められている。この法律の目的は,著作物等に関し著作者の権利及びこれに隣接する権利を定め,これらの文化的所産の公正な利用に留意しつつ,著作者等の権利の保護を図り,文化の発展に…

技術士第一次試験適性科目 平成27年度 Ⅱ-11

問題 職場におけるセクシャルハラスメント(以下「セクハラ」という。)やパワーハラスメント(以下「パワハラ」という。)は,労働者の個人としての尊厳を不当に傷つけるとともに,労働者の就業環境を悪化させ,能力の発揮を妨げ,また,企業にとっても,職…

技術士第一次試験適性科目 平成27年度 Ⅱ-10

問題 入札は競争入札とも呼ばれ,売買・請負契約等を締結するに当たり,複数の契約希望者に内容や入札希望金額を記した文書を提出させて,最も有利な条件を提示した者と契約を行うものである。競争入札には,大きく分けて以下の2種類がある。 一般競争入札入…

技術士第一次試験適性科目 平成27年度 Ⅱ-9

問題 公益通報者保護法では,従業員が不正の目的でなく,企業の犯罪行為など違法行為を警察や所轄行政官庁に通報した場合には,その労働者を解雇したり不利益な取扱いをしたりしないことが義務付けられている。すなわち,その基本的な枠組みは,「通報対象事…

技術士第一次試験適性科目 平成27年度 Ⅱ-8

問題 これまでの日本における実験ノート(ラボノート)の扱いは,研究者個人の「実験の記録」又は「備忘録」として扱われることが多く,「個人にとってわかりやすい,使いやすいものであればよい」という考え方が主流であった。しかし「STAP細胞」をめぐる論…

技術士第一次試験適性科目 平成27年度 Ⅱ-7

問題 文部科学省(以下「文科省」という。)は2014年8月に「研究活動における不正行為への対応等に関するガイドライン」(以下「新ガイドライン」という。)を発表した。その中で不正行為に対する基本姿勢として,「研究活動における不正行為は,研究活動と…

技術士第一次試験適性科目 平成27年度 Ⅱ-6

問題 技術は人間の目的を実現するための手段として役立つべきものであるが,その人間そのものは,技術のための手段にすぎないというものではない。これは1つの倫理判断であり,こうしたいくつかの倫理判断について,多くの人は概ね合意できるかもしれない。…

技術士第一次試験適性科目 平成27年度 Ⅱ-5

問題 技術者倫理に関する次のア)〜エ)の記述について,正しいものは◯,誤っているものは×として,最も適切な組合せはどれか。 ア)いわゆる倫理綱領ないし倫理規程は,基本的に各団体内部で共有されるものであり,たとえばA学会の倫理綱領ないし倫理規程は…

技術士第一次試験適性科目 平成27年度 Ⅱ-4

問題 技術者倫理と法との関わりに関する次のア)〜エ)の記述について,正しいものは◯,誤っているものは×として,最も適切な組合せはどれか。 ア)技術者倫理では,法を守ることは当然のこととされているが,技術者は,それに加えて,法の網の目をくぐって…

技術士第一次試験適性科目 平成27年度 Ⅱ-3

問題 技術者の国際的同等性を確保する取組に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。 選択肢 ① 我が国において,大学等の高等教育機関の工農理系学科で行われている技術者育成に関わる教育の認定を行う機関として日本技術者教育認定機構(JABEE)…

技術士第一次試験適性科目 平成27年度 Ⅱ-2

問題 技術士や技術者の継続的な資質向上のための取組をCPD(Continuing Professional Development)と呼ぶが,次に掲げる「技術士CPDガイドライン第2版(平成26年4月公益社団法人日本技術士会発行)」において, に入る語句の組合せとして最も適切なものはど…

技術士第一次試験適性科目 平成27年度 Ⅱ-1

問題 技術士法第4章の規定に鑑み,技術土等が求められている義務・責務に関する次のア)〜オ)の記述について,正しいものは◯,誤っているものは×として,最も適切な組合せはどれか ア)業務遂行の過程で与えられる情報や知見は,発注者や雇用主の財産であり…

技術士第一次試験基礎科目 平成27年度 Ⅰ-5-6

次のうち,科学史・技術史上著名な人物と業績の組合せとして最も不適切なものはどれか。 人物 業績 ① ガリレオ・ガリレイ 天体望遠鏡を製作し天体観測に利用 ② クリスティアーン・ホイヘンス 振り子時計を発明 ③ リチャード・アークライト 水力紡績機を発明 …

技術士第一次試験基礎科目 平成27年度 Ⅰ-5-5

知的財産及び関連する法律について,次の記述のうち最も不適切なものはどれか。 ① 特許法は発明の保護と利用を図ることで,発明を奨励し,産業の発達に寄与することを目的とする法律である。 ② 特許法において発明とは,自然法則を利用した技術的思想の創作…

技術士第一次試験基礎科目 平成27年度 Ⅰ-5-4

IEAの資料による2011年の一次エネルギー消費量に関する次の記述の, に入る国名の組合せとして最も適切なものはどれか。 各国の1人当たりエネルギー消費量を石油換算トンで表す。1石油換算トンは約42GJ(ギガジュール)に相当する。世界平均の消費量は1.9トン…

技術士第一次試験基礎科目 平成27年度 Ⅰ-5-3

エネルギー消費を伴う次のa〜cの行動に伴って排出される1人当たりの二酸化炭素(CO2)の量について,その大小を正しく示したものはどれか。ただし,ガソリン1リットルの燃焼からのCO2排出量は2.32kgとする。また,電力1kWhの消費に伴って発電所で排出される二…

技術士第一次試験基礎科目 平成27年度 Ⅰ-5-2

「地球温暖化対策の推進に関する法律(温対法)」の目的及び内容に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。 ① 地球温暖化を防止することが人類共通の課題であることに鑑み,温室効果ガスの排出抑制を促進するための措置を講ずることなどを定めたもの…

技術士第一次試験基礎科目 平成27年度 Ⅰ-5-1

廃棄物に関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。 ① RDFとは,ごみ固形化燃料のことであり,生ごみ・廃プラスチック,古紙などの可燃性のごみを粉砕・乾燥したのちに生石灰を混合して,圧縮・固化したものである。 ② E-wasteとは,エコ廃棄物のこ…

技術士第一次試験基礎科目 平成27年度 Ⅰ-4-6

ある二本鎖DNAの一方のポリヌクレオチド鎖の塩基組成を調べたところ,シトシン(C)が20%,チミン(T)が35%であった。このとき,同じ側の鎖,又は相補鎖に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。 ① 同じ側の鎖では,グアニン(G)が20%である。 ② 同じ側…

技術士第一次試験基礎科目 平成27年度 Ⅰ-4-5

植物や動物のクローン作製技術に関する次の記述の, に入る語句の組合せとして最も適切なものはどれか。 植物の場合, ア であるオキシン及びサイトカイニンを高濃度に含む培地で,根や葉の一部む培養すると イ と呼ばれる不定形の未分化な細胞塊が得られる…

技術士第一次試験基礎科目 平成27年度 Ⅰ-4-4

資源と金属製造に関する次の記述の, に入る金属の組合せとして最も適切なものはどれか。 金属の地殻中の存在量は, ア が イ より多いが,年間世界生産量は イ の方が多い。 ウ は存在量が少なく可採年数も短いため,資源節約の面からみればリサイクルの重…

技術士第一次試験基礎科目 平成27年度 Ⅰ-4-3

重量パーセントがアルミニウム96.0wt%,銅4.00wt%の合金組成を,原子パ一セントで示した場合,アルミニウム(at%)及び銅(at%)の組合せとして最も適切なものはどれか。ただし,アルミニウム及び銅の原子量は,27.0及び63.5である。 アルミニウム 銅 ① 91.1 8.9…

技術士第一次試験基礎科目 平成27年度 Ⅰ-4-2

次の物質について,下線を付けた原子の酸化数が最大のものはどれか。 ① HNO3 ② Cr2O72- ③ MnO4- ④ NO2 ⑤ H2SO4 // 答え ③ 解説 水素の酸化数は+1、酸素の酸化数は-2であることから、それぞれ下線部の酸化数は以下の通りとなります。 ①+1+(Nの酸化数)+(-2)×3=…

技術士第一次試験基礎科目 平成27年度 Ⅰ-4-1

次の有機化合物のうち,同じ質量の化合物を完全燃焼させたとき,二酸化炭素の生成量が最大となるものはどれか。ただし,分子式右側の( )内の数値は,その化合物の分子量である。 ① メタンCH4(16) ② メタノールCH3OH(32) ③ エタンC2H6(30) ④ エチレンC2H4(28)…

技術士第一次試験基礎科目 平成27年度 Ⅰ-2-6

算術木とは算術式を表す2分木である。例として,「A × ( B − C )」の算術木を次に示す。 また,「A × ( C − B )」の算術木を次に示す。 次の算術木で表される算術式として正しいものはどれか。 ただし,①〜⑤の算術式におけるかけ算は引き算に比べ優先され,…

技術士第一次試験基礎科目 平成27年度 Ⅰ-3-6

下図に示すように,長さがlのはり1の左端を完全に固定し,自由端面において鉛直下方に荷重Pを負荷した。はり1の断面幅と断面高さはともにl/4である。同様に,長さがaのはり2の左端を完全に固定し,自由端面において鉛直下方にはり1と同一の荷重Pを負荷した。…

技術士第一次試験基礎科目 平成27年度 Ⅰ-3-5

下図に示すような両端を剛体壁に固定された断面積S,長さlの棒がある。棒を二等分する点をB点とし,AB間,BC間の縦弾性係数(ヤング率)をE1,E2とするとき,荷重Pが棒の軸方向に負荷された場合の点Bの変位δとして正しいものはどれか。 ① Pl/2SE1 ② Pl/2SE2 ③ P…