技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

2016-10-16から1日間の記事一覧

SA H28秋 午後Ⅱ 問3

◀️ 前へ|解答例へ|次へ ▶️ 組込みシステムにおけるオープンソースソフトウェアの導入について 組込みシステムに要求される機能は,年々専門化,高度化しているが,その一方で開発期間は短縮化が求められている。これを解決する方法として,社内で保有して…

SA H28秋 午後Ⅱ 問2

◀️ 前へ|解答例へ|次へ ▶️ 情報システムの移行方法について 情報システムの機能強化のために,新たに開発した情報システム(以下,新システムという)を稼働させる場合,現在稼働している情報システム(以下,現システムという)から新システムへの移行作…

SA H28秋 午後Ⅱ 問1

◀️ 前へ|解答例へ|次へ ▶️ 業務要件の優先順位付けについて 情報システムの開発における要件定義において,システムアーキテクトは利用者などとともに,提示された業務要件を精査する。その際,提示された業務要件の全てをシステム化すると,コストが増大…

SM H28秋 午後Ⅱ 問2

◀️ 前へ|解答例へ|次へ ▶️ プロセスの不備への対応について ITサービスマネジメントで規定されるプロセスの確立は,ITサービスの品質を確保する上で重要である。例えば,インシデント管理のプロセスに不備があってインシデントの対応に時間が掛かったり,…

SM H28秋 午後Ⅱ 問1

◀️ 前へ|解答例へ|次へ ▶️ ITサービスを提供する要員の育成について ITサービスマネージャは,ITサービスを提供する要員を適切にマネジメントすることが求められる。ITサービスを提供する要員に,適切な知識と技能及びそれらを適用する能力(以下,“要員の…

ST H28秋 午後Ⅱ 問3

◀️ 前へ|解答例へ|次へ ▶️ IoTに対応する組込みシステムの製品企画戦略について 既存の組込みシステムは,特定の領域・環境などを前提としたスタンドアロン型が主流であった。しかし,近年はインターネットの普及に伴い,監視・制御などにInternet of Thin…

ST H28秋 午後Ⅱ 問2

◀️ 前へ|解答例へ|次へ ▶️ IT導入の企画における業務分析について 事業全体の業務の効率向上・スピードアップ,新規事業による売上拡大などの事業目標の達成に向けて,ITストラテジストが事業部門とともに業務分析を行い,真の問題を発見してその原因を究…

ST H28秋 午後Ⅱ 問1

◀️ 前へ|解答例へ|次へ ▶️ ビッグデータを活用した革新的な新サービスの提案について 近年,今まではコンピュータで処理しにくかった膨大な情報であるビッグデータを活用し,革新的な新サービスを実現することによって,事業を優位に展開することが可能と…

ST H28秋 午後Ⅰ 問4

◀️ 前へ|設問へ|次へ ▶️ 漏水検知システムの企画に関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。 F社は,家屋,ビルなどに設置される上水道の流量メータを主力製品とする計測機器メーカである。マイコンと無線技術を用いた自動検針機能付き流量メータへの更…

ST H28秋 午後Ⅰ 問3

◀️ 前へ|設問へ|次へ ▶️ 大型装置メーカの業務プロセス改革に関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。 E社は,焼却炉など環境関連の大型装置の製造を得意とする装置メーカであり,営業部門,工務部門,設計部門,調達部門,製造部門,保守部門の各部門…

ST H28秋 午後Ⅰ 問2

◀️ 前へ|設問へ|次へ ▶️ 地域医療情報連携システムに関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。 C市には,複数の,総合病院,地域の医院・診療所(以下,医療機関という),訪問看護サービス事業者,調剤薬局事業者があり,市民への医療サービスを行って…

ST H28秋 午後Ⅰ 問1

◀️ 前へ|設問へ|次へ ▶️ 大学の業務及び情報システムの統合に関する次の記述を読んで,設問1〜3に答えよ。 A大学は,B県の公立総合大学である。少子化による志願者の減少や自治体財政のひっ迫による影響で,近年,運営費交付金が激減している。そこで,B県…

ST H28秋 午前Ⅱ 問25

◀️ 前へ|次へ ▶️ 無線LANのセキュリティ方式としてWPA2を選択するとき,利用される暗号化アルゴリズムはどれか。 ア.AES イ.ECC ウ.RC4 エ.RSA // 答え ア 解説 XXX AESXXX ECCXXX RC4XXX RSAXXX

ST H28秋 午前Ⅱ 問24

◀️ 前へ|次へ ▶️ シングルサインオンの実装方式の特徴のうち,適切なものはどれか。 クッキーを使ったシングルサインオンの場合,サーバごとの認証情報を含んだクッキーをクライアントで生成し,各サーバ上で保存,管理する。 クッキーを使ったシングルサイ…

ST H28秋 午前Ⅱ 問23

◀️ 前へ|次へ ▶️ ソフトウェア開発を下請事業者に委託する場合,下請代金支払遅延等防止法に照らして,禁止されている行為はどれか。 継続的な取引が行われているので,支払条件,支払期日等を記載した書面をあらかじめ交付し,個々の発注書面にはその事項…

ST H28秋 午前Ⅱ 問22

◀️ 前へ|次へ ▶️ 次の条件においてA社の連結損益計算書を作成した場合の連結売上高は何億円か。 〔条件〕 A社は,B社の株式の80%を取得している。 B社は,C社の株式の60%を取得している。 B社は,D社の株式の20%を取得している。ただし,役員の派遣などはな…

ST H28秋 午前Ⅱ 問21

◀️ 前へ|次へ ▶️ 人事考課の際,考課者が陥りやすい傾向の説明のうち,ハロー効果を説明したものはどれか。 考課者の自信欠如や個人的感情から,評価が甘くなってしまうこと 事実を確認せずに,論理的に関係がある項目に対して同等の評価をすること 評価項…

ST H28秋 午前Ⅱ 問20

◀️ 前へ|次へ ▶️ コンピテンシモデルの説明はどれか。 権限行使と命令統制による労務管理を批判し,目標管理制度や経営参加制度などによる動機付けが有効であるとしたもの 最適なリーダシップの唯一のスタイルは存在せず,望ましいリーダシップのスタイルは…

ST H28秋 午前Ⅱ 問19

◀️ 前へ|次へ ▶️ BCM(Business Continuity Management)において考慮すべきレジリエンスの説明はどれか。 競争力の源泉となる,他社に真似のできない自社固有の強み 想定される全てのリスクを回避して事業継続を行う方針 大規模災害などの発生時に事業の継…

ST H28秋 午前Ⅱ 問17

◀️ 前へ|次へ ▶️ ボランタリーチェーンを説明したものはどれか。 加盟店が一定のロイヤルティを本部に支払って,本部の経営ノウハウ,商標,サービスマークなどを用いて販売活動を行う。 生産者・卸売業者・小売業者の間で,購買,生産,販売及び物流の一連…

ST H28秋 午前Ⅱ 問16

◀️ 前へ|次へ ▶️ XBRLを説明したものはどれか。 企業内又は企業間で使用される複数の業務システムを連携させることであり,データやビジネスプロセスの効率的な統合が可能となる。 小売店の端末からネットワーク経由で発注を行うことによって,迅速かつ正確…

ST H28秋 午前Ⅱ 問15

◀️ 前へ|次へ ▶️ 特許を分析して生まれた問題解決技法であり,問題(矛盾)を創造的・発明的に解決するための弁証法的な思考法を具体的な方法論にまとめたものはどれか。 QFD TRIZ シックスシグマ 親和図法 // 答え イ 解説 XXX QFDXXX TRIZXXX シックスシ…

ST H28秋 午前Ⅱ 問14

◀️ 前へ|次へ ▶️ 図は,SECIモデルの知識変換プロセスに基づき,製造現場において,熟練工の技能を若手技能者に伝承する例を示したものである。dに該当する活動はどれか。ここで,ア〜エは,a〜dのいずれかに該当する。 現場作業やOJTを通じて,熟練工と若…

ST H28秋 午前Ⅱ 問13

◀️ 前へ|次へ ▶️ 経営戦略に用いるCSF分析で明らかになるものはどれか。 業界内の競争に影響する要因と,自社の強み 競争環境の脅威と機会,企業の強み・弱み 成功するための重要な機能や特性 保有する事業の成長性と収益性 // 答え ウ 解説 XXX 業界内の競…

ST H28秋 午前Ⅱ 問12

◀️ 前へ|次へ ▶️ ジエフリー・A・ムーアはキャズム理論において,利用者の行動様式に変化を強いるハイテク製品では,イノベータ理論の五つの採用者区分の間に断絶があると主張し,その中でも特に乗り越えるのが困難な深く大きな溝を“キャズム”と呼んでいる…

ST H28秋 午前Ⅱ 問11

◀️ 前へ|次へ ▶️ 消費者市場のセグメンテーション変数のうち,行動的変数はどれか。 社会階層,ライフスタイル 使用頻度,ロイヤルティ 都市規模,人口密度 年齢,職業 // 答え イ 解説 XXX 社会階層,ライフスタイルXXX 使用頻度,ロイヤルティXXX 都市規…

ST H28秋 午前Ⅱ 問10

◀️ 前へ|次へ ▶️ FSP(Frequent Shoppers Program)の説明はどれか。 Webサイトの閲覧者が掲載広告のリンク先であるECサイトで商品を購入した合,広告主からそのWebサイト運営者に成果報酬を支払う仕組みである。 期間を限定した値引きの販売施策を見直し,…

ST H28秋 午前Ⅱ 問9

◀️ 前へ|次へ ▶️ ブルーオーシャン戦略の特徴はどれか。 価値を高めながらコストを押し下げる。 既存の市場で競争する。 既存の需要を喚起する。 競合他社を打ち負かす。 // 答え ア 解説 XXX 価値を高めながらコストを押し下げる。XXX 既存の市場で競争す…

ST H28秋 午前Ⅱ 問8

◀️ 前へ|次へ ▶️ コアコンピタンスに該当するものはどれか。 主な事業ドメインの高い成長率 競合他社よりも効率性が高い生産システム 参入を予定している事業分野の競合状況 収益性が高い事業分野での市場シェア // 答え イ 解説 XXX 主な事業ドメインの高…

ST H28秋 午前Ⅱ 問7

◀️ 前へ|次へ ▶️ 環境分析の代表的なフレームワークについて,外部環境を分析するものと内部環境を分析するもので整理した図のcに当てはまるものはどれか。ここで,ア〜エはa〜dのいずれかに対応する。 PEST分析 SWOT分析 バリューチェーン分析 ファイブフ…