技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験基礎科目 平成29年度 Ⅰ-2-4

 西暦年号がうるう年か否かの判定は次の(ア)〜(ウ)の条件によって決定する。うるう年か否かの判定を表現している決定表として,最も適切なものはどれか。

(ア)西暦年号が4で割り切れない年はうるう年でない。

(イ)西暦年号が100で割り切れて400で割り切れない年はうるう年でない。

(ウ)(ア),(イ)以外のとき,うるう年である。


 なお,決定表の条件部での“Y”は条件が真。“N”は条件が偽であることを表し,“ー”は条件の真偽に関係ない又は論理的に起こりえないことを表す。動作部での“X”は条件が全て満たされたときその行で指定した動作の実行を表し,“ー”は動作を実行しないこを表す。

f:id:honmurapeo:20180127111329p:plain

 

答え

      ③

解説

 XXX