技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験基礎科目 平成29年度 Ⅰ-5-2

 国連気候変動枠組条約第21回締約国会議(COP21)で採択されたパリ協定についての次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

① 温室効果ガスの排出削減目標を5年ごとに提出・更新することを義務付けることで,気候変動に対する適応策を積極的に推し進めることとした。

② 産業革命前からの地球の平均気温上昇を2[℃]より十分下方に抑えるとともに,1.5[℃]に抑える努力を追求することとした。

③ 各国より提供された温室効果ガスの排出削減目標の実施・達成に関する情報について,専門家レビューを実施することとした。

④ 我が国が提案した二国間オフセット・クレジット制度(JCM)を含む市場メカニズムの活用が位置づけられた。

⑤ 途上国における森林減少及び森林劣化による温室効果ガス排出量を減少させる取組等について,実施及び支援するための行動をとることが奨励された。


 

答え

      ①

解説

① 温室効果ガスの排出削減目標を5年ごとに提出・更新することを義務付けることで,気候変動に対する適応策を積極的に推し進めることとした。 ❌
パリ協定では排出削減目標に対する達成目標は設けずに、努力目標に留まっています。

② 産業革命前からの地球の平均気温上昇を2[℃]より十分下方に抑えるとともに,1.5[℃]に抑える努力を追求することとした。 ⭕️
適切です。

③ 各国より提供された温室効果ガスの排出削減目標の実施・達成に関する情報について,専門家レビューを実施することとした。 ⭕️
適切です。

④ 我が国が提案した二国間オフセット・クレジット制度(JCM)を含む市場メカニズムの活用が位置づけられた。 ⭕️
適切です。

⑤ 途上国における森林減少及び森林劣化による温室効果ガス排出量を減少させる取組等について,実施及び支援するための行動をとることが奨励された。 ⭕️
適切です。