技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験基礎科目 平成29年度 Ⅰ-5-3

 天然ガスは,日本まで輸送する際に容積を少なくするため,液化天然ガス(LNG,Liquefied Natural Gas)の形で運ばれている。0[℃],1気圧の天然ガスを液化すると体積は何分の1になるか,次のうち最も近い値はどれか。なお,天然ガスは全てメタン(CH4)で構成される理想気体とし,LNGの密度は温度によらず425[kg/m3]で一定とする。

① 1/1200

② 1/1000

③ 1/800

④ 1/600

⑤ 1/400

 

答え

      ④

解説

 1molの理想気体の体積は22.4lです。またメタンの分子量は12+1×4=16です。
よって、メタンの1m3当たりの質量は16÷22.4×1000=714.2(g/m3)=0.7142(kg/m3)となります。

 したがって、天然ガスとの体積比は、0.7142÷425≒1/600となります。

出題歴