技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

こちらへ移動しました

技術士第一次試験基礎科目 平成30年度 Ⅰ-4-2

 次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。ただし,いずれも常温・常圧下であるものとする。

① 酢酸は弱酸であり,炭酸の酸性度はそれより弱く,フェノールは炭酸より弱酸である。

② 水酸化ナトリウム,水酸化カリウム,水酸化カルシウム,水酸化バリウムは水に溶けて強塩基性を示す。

③ 炭酸カルシウムに希塩酸を加えると,二酸化炭素を発生する。

④ 塩化アンモニウムと水酸化カルシウムの混合物を加熱すると,アンモニアを発生する。

⑤ 塩酸及び酢酸の0.1[mol/L]水溶液は同一のpHを示す。

 

答え

      ⑤

解説

① 酢酸は弱酸であり,炭酸の酸性度はそれより弱く,フェノールは炭酸より弱酸である。 ⭕️
適切です。

② 水酸化ナトリウム,水酸化カリウム,水酸化カルシウム,水酸化バリウムは水に溶けて強塩基性を示す。 ⭕️
適切です。

③ 炭酸カルシウムに希塩酸を加えると,二酸化炭素を発生する。 ⭕️
適切です。

④ 塩化アンモニウムと水酸化カルシウムの混合物を加熱すると,アンモニアを発生する。 ⭕️
適切です。

⑤ 塩酸及び酢酸の0.1[mol/L]水溶液は同一のpHを示す。 ❌
不適切です。
塩酸は強酸,酢酸は弱酸であり,pHは異なります。