技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験専門科目 平成25年度 Ⅲ-8

 ネットワークセキュリティに関する次の記述のうち,最も不適切なものはどれか。

① インターネット上のWeb通信の守秘性(秘匿性)を高める手段の一つに,SSL(SecureSocketsLayer)を利用する方法がある。

② ウイルスの侵入と感染を防ぐ手段の一つに,VLANを用いた検疫ネットワークの利用がある。

③ スパムメールによるメールサーバの負荷を軽減する手段の一つに,スパムメールの発信者アドレスに対しメールサーバから拒否メールを自動返信する方法がある。

④ なりすましを防ぐ手段の一つに,チャレンジ/レスポンス方式を用いたワンタイムパスワードシステムの利用がある。

⑤ フィッシングの被害にあわないための手段の一つに,サイトの内容をそのまま信用するかわりに,重要な事項は封書などで確認を求める方法がある。

 

 

答え

      ③

解説

 XXX

① インターネット上のWeb通信の守秘性(秘匿性)を高める手段の一つに,SSL(SecureSocketsLayer)を利用する方法がある。
XXX

② ウイルスの侵入と感染を防ぐ手段の一つに,VLANを用いた検疫ネットワークの利用がある。
XXX

③ スパムメールによるメールサーバの負荷を軽減する手段の一つに,スパムメールの発信者アドレスに対しメールサーバから拒否メールを自動返信する方法がある。
XXX

④ なりすましを防ぐ手段の一つに,チャレンジ/レスポンス方式を用いたワンタイムパスワードシステムの利用がある。
XXX

⑤ フィッシングの被害にあわないための手段の一つに,サイトの内容をそのまま信用するかわりに,重要な事項は封書などで確認を求める方法がある。
XXX