技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験専門科目 平成25年度 Ⅲ-10

 OS(オペレーティングシステム)の仮想化に関する次の記述のうち,最も適切なものはどれか。

① 12コアで16Gバイトのメインメモリのコンピュータを用いて,負荷の重くない,2コアのCPUと2Gバイトのメインメモリを有する仮想システム8つを動作させることができる。

② OSの仮想化を実現する方式は,命令すべてをエミュレーション又はシミュレーションで処理することである。

③ OSの仮想化をハイパバイザ型で実現する場合は,1つのホストOSと任意個のゲストOSで構成される。

④ アーキテクチャが異なるコンピュータ用のOSを仮想化技術で実行することはできない。

⑤ ハイパスレッディングは仮想化を効率よく実行するための仕組みである。

 

 

答え

      ①

解説

 XXX

① 12コアで16Gバイトのメインメモリのコンピュータを用いて,負荷の重くない,2コアのCPUと2Gバイトのメインメモリを有する仮想システム8つを動作させることができる。
XXX

② OSの仮想化を実現する方式は,命令すべてをエミュレーション又はシミュレーションで処理することである。
XXX

③ OSの仮想化をハイパバイザ型で実現する場合は,1つのホストOSと任意個のゲストOSで構成される。
XXX

④ アーキテクチャが異なるコンピュータ用のOSを仮想化技術で実行することはできない。
XXX

⑤ ハイパスレッディングは仮想化を効率よく実行するための仕組みである。
XXX