技術士試験ナビ

技術士試験対策・テキスト・過去問題解説を発信します。

技術士第一次試験専門科目 平成25年度 Ⅲ-24

 データマイニング手法に関する次の記述のうち,サポートベクタマシンの説明として最も適切なものはどれか。

① 因果関係や相関関係があると思われる2つの変数のうち,一方の変数から将来的な値を予測するための回帰直線を求める手法である。

② クラス予測モデルとして,超平面のうち一番近いサンプル点までの距離を最大とする分類学習手法の一種である。

③ 候補解の集合を作り,それらに対し選択,交差,突然変異,淘汰という生物の形質遺伝と進化を模倣した過程を繰り返し,その解集団の目的関数値を向上することによって最適解を探索する手法である。

④ 電子化された文書やWebページなどの膨大なテキストデータから,新たな情報を発掘する手法である。

⑤ 人間の脳の神経細胞をモデルとして構想されている手法で,分散処理・並列処理・学習機能・自己組織化などを特徴としている。

 

 

答え

      ②

解説

 XXX

① 因果関係や相関関係があると思われる2つの変数のうち,一方の変数から将来的な値を予測するための回帰直線を求める手法である。
XXX

② クラス予測モデルとして,超平面のうち一番近いサンプル点までの距離を最大とする分類学習手法の一種である。
XXX

③ 候補解の集合を作り,それらに対し選択,交差,突然変異,淘汰という生物の形質遺伝と進化を模倣した過程を繰り返し,その解集団の目的関数値を向上することによって最適解を探索する手法である。
XXX

④ 電子化された文書やWebページなどの膨大なテキストデータから,新たな情報を発掘する手法である。
XXX

⑤ 人間の脳の神経細胞をモデルとして構想されている手法で,分散処理・並列処理・学習機能・自己組織化などを特徴としている。
XXX